サイトについて      連絡先   検索

Windows 10 ローカルアカウントを Microsoft アカウントに切り替える

はじめに

Windows10 でローカルアカウントを Microsoft アカウントに切り替える方法を紹介します。

Microsoft アカウントを使用すると、設定の同期など Windows のすべての機能を使用できます。

Windows 7 からアップグレードするとローカルアカウントになっています。

アカウントの違いは「Microsoft アカウントとローカルアカウントの違い」をご覧ください。

切り替える前に

簡単な違い

Windows 7 からアップグレードしたときは、ローカルアカウントが作成されます。ローカルアカウントでは Windows の同期ができなかったり、コルタナなど Microsoft アカウントを持っていないと使用できない機能があります。

Microsoft アカウントとは Outlook や OneDrive など Microsoft のサービスで使用するアカウントです。それで Windows にログインできます。

ローカルアカウントでも、アプリごとに Microsoft アカウントでサインインして使用できるので、本当に必要と思った時に切り替えればいいです。

切り替える前に

切り替えてもローカルアカウントのデータはすべて残っていて、そのまま使用できます。プログラムを再インストールする必要はありません。念のためバックアップをとっておくといいです。

Windows にすでに追加されている Microsoft アカウントには切り替えられません。切り替えるためにはそのアカウントを削除しておく必要があります。

削除するには「ユーザー アカウントを削除する」をご覧ください。
12

Microsoft アカウントに切り替える

ローカルアカウントでログインしておきます。

[スタートボタン] をクリックして [設定] をクリックします。

1

[アカウント] をクリックします。

2

[ユーザー情報] をクリックします。

3

[Microsoft アカウントでのサインインに切り替える] をクリックします。

4

Microsoft アカウントをすでに持っているなら、そのメールアドレスとパスワードを入力して [サインイン] をクリックします。

持っていないなら [作成しましょう!] をクリックします。

5

持っていない人は [作成しましょう!] からアカウント情報を入力し、[次へ] をクリックして作成できます。

6

ローカルアカウントの [パスワード] を入力して [次へ] をクリックします。

7

[PIN の設定] をクリックして PIN・暗証番号を設定できます。不要なら [この手順をスキップする] をクリックします。後でも設定できます。

PIN について詳しくは「PIN・暗証番号でログインする」をご覧ください。
8

これで Microsoft アカウントに切り替わりました。今後は Microsoft アカウントのパスワードでログインします。

本人確認をする

設定の [アカウント] をクリックします。

2

[ユーザー情報] をクリックします。

3

「この PC で本人確認を行う必要があります」の [確認する] をクリックします。

表示されないときは本人確認の必要はありません。
9

コードを受け取ったことがない人は、[メールアドレスにメールを送信] と書かれているメールアドレスを下の項目に入力して [次へ] をクリックします。

持っている人は [コードを持っている場合] をクリックします。

10

そのメールアドレスにセキュリティコードが送られて来ます。その [コード] または [持っているコード] を入力して [次へ] をクリックします。

11

本人確認が完了します。

関連ページ