サイトについて      連絡先   検索

Windows 10 管理者と標準ユーザーの違い

はじめに

Windows10 で管理者と標準ユーザーの違いについて紹介します。

Windows 10 をインストールまたはアップグレードして作成されるアカウントは管理者です。

標準ユーザーはインストールや設定の変更が制限されています。

アカウントの違いは「Microsoft アカウントとローカルアカウントの違い」をご覧ください。

管理者か標準ユーザーか確認する

[スタートボタン] をクリックして [設定] をクリックします。

13

[アカウント] をクリックします。

14

「ユーザーの情報」に管理者と表示されていれば、「管理者」です。そうでない方は「標準ユーザー」です。

15

管理者と標準ユーザーの違い

管理者は Windows のすべての設定を変更できます。制限はありません。

標準ユーザーはプログラムのインストールやアンインストール、セキュリティに関わる重要な設定の変更などが制限されています。ただし管理者のパスワードを知っていれば制限を解除できます。

Microsoft では管理者の人でも標準ユーザーを使うことを進めています。これは悪意のあるプログラムなどが勝手に Windows の動作を変更しようとしたときに、標準ユーザーであれば制限があるため、その攻撃から守ることができるためです。

プログラムをインストールできない

標準ユーザーはインストーラーなどからプログラムをインストールできません。インストーラーを実行すると

5

ユーザーアカウント制御 (UAC) が表示され、管理者のパスワードを入力しないとインストールできないようになっています。

6

プログラムをアンインストールできない

プログラムのアンインストールもできません。[スタートボタン] を右クリックして [プログラムと機能] をクリックします。

7

アンインストールしたい [プログラム] を選択して [アンインストール] をクリックします。

8

ここでもユーザーアカウント制御 (UAC) が表示されます。

9

ストアアプリのインストールはできる

標準ユーザーでもストアアプリのインストールとアンインストールはできます。

10

セキュリティに関わる重要な設定は変更できない

コントロールパネルなどによく表示される [シールド] アイコンが付いている設定は変更できません。クリックすると

11

ユーザーアカウント制御 (UAC) が表示されます。

12

アカウントの種類を変更する

管理者を標準ユーザーに、または標準ユーザーを管理者に変更できます。詳しくは次のページの「アカウントの権限を変更する」をご覧ください。

権限を変更できるのは管理者のみです。

関連ページ