サイトについて      連絡先   検索

Windows 10 仮想デスクトップの使い方

はじめに

Windows10 で仮想デスクトップの使い方を紹介します。

仮想デスクトップとは、デスクトップを複数作成してそれぞれでウィンドウを管理できる機能のことです。

仮想デスクトップの作成・切り替え・削除・設定も紹介します。

仮想デスクトップのショートカットキー

ショートカット キー 説明
Win + Tabタスクビューを表示します。
Win + Ctrl + D新しいデスクトップを作成します。
Win + Ctrl + ←前のデスクトップに切り替えます。
Win + Ctrl + →次のデスクトップに切り替えます。
Win + Ctrl + F4開いているデスクトップを削除します。

Win とは Windows マークのキーのことです。

タブレットモードでは、画面左端から右へスライドするとタスクビューを表示できます。

16

仮想デスクトップを作成する

タスクバーがウィンドウでいっぱいになるようなときは、仮想デスクトップを作成して、デスクトップごとにアプリケーションを使い分けると操作がしやすくなります。これは Windows 10 の新機能です。

一つのデスクトップに複数のウィンドウが表示されています。

1

タスクバーの [タスクビュー] をクリックします。

2

右下にある [新しいデスクトップ] をクリックします。

3

新しいデスクトップが作成されます。これをクリックします。

4

ウィンドウが何もない新しいデスクトップが表示されます。デスクトップのアイコンなどはすべてのデスクトップで共通です。

5

他のデスクトップで既に開いているアプリを開くと、自動でそのデスクトップに切り替わります。

タブレットモードには仮想デスクトップはありません。すべてのデスクトップで開いているアプリケーションが表示されます。

仮想デスクトップの切り替え

タスクビューからデスクトップをクリックして、切り替えられます。デスクトップの上にマウスを乗せると、そのデスクトップのウィンドウが上に表示されるので、そのウィンドウをクリックしても切り替えられます。

6

ウィンドウを別のデスクトップに移動するには、ウィンドウを移動先のデスクトップにドラッグします。

7

そのデスクトップにウィンドウが移動されます。

6

すべてのデスクトップで表示する

タスクビューから、ウィンドウを右クリックして [このウィンドウをすべてのデスクトップに表示する] または [このアプリのウィンドウをすべてのデスクトップに表示する] をクリックします。

19

すべてのデスクトップにそのウィンドウが表示されます。

20

よく使うアプリなどをデスクトップを切り替えないで使用できます。もう一度右クリックメニューからクリックすると、一つのデスクトップに戻ります。

仮想デスクトップを削除する

タスクビューから削除したいデスクトップの [X] をクリックします。

9

そのデスクトップが削除され、そこで開いていたウィンドウは前のデスクトップに移動されます。閉じられることはありません。

10

仮想デスクトップの設定

[スタートボタン] をクリックして [設定] をクリックします。

17

[システム] をクリックします。

18

[マルチタスク] をクリックします。

21

仮想デスクトップの設定を [すべてのデスクトップ] か [使用中のデスクトップのみ] を選択します。

15

[すべてのデスクトップ] を選択するとタスクバーに、すべてのデスクトップで開いているアプリケーションが表示されるので、ウィンドウを切り替えやすくなります。

関連ページ