サイトについて      連絡先   検索

Windows 10 タスクバーの新機能と使い方

はじめに

Windows10 のタスクバーの新機能と使い方を紹介します。

スタートボタンが復活し、検索ボックスが表示されるようになりました。

従来と同じように使うことができ、デスクトップとタブレットの両方で操作しやすくなっています。

デスクトップモードとタブレットモードの違い

表示する項目に違いがありますが、機能に違いはありません。設定で同じように表示することもできます。

上がデスクトップモードで、下がタブレットモードです。

11

タブレットモードでは、タブレットを縦画面で操作すると横幅が狭くなるので、表示する項目が最小限になっています。

タスクバーの新機能と使い方

スタートボタン

スタートボタンが復活しました。

12

デスクトップモードでは、スタートメニューが表示されます。「スタートメニューをスタート画面にする」方法でスタート画面の表示もできます。

タブレットモードでは、スタート画面が表示されます。

13 14

[スタートボタン] を右クリック (タブレットでは長押し) すると、コントロールパネルや管理ツールを起動できます。

15

戻るボタン

タブレットモードには [戻るボタン] が表示されます。タップすると前の画面が表示されます。

16

検索ボックスとコルタナ

コルタナとは音声で操作できる AI です。以前はスタートメニューにあった検索ボックスがコルタナと統合され、タスクバーに表示されます。Windows のアプリやプログラムの他にもインターネットの検索が一度にできます。

デスクトップモードでは、大きく検索ボックスが表示されます。

タブレットモードでは、コルタナ アイコンが表示されます。

18 17

検索ボックスをアイコンまたは非表示にする」方法で検索ボックスをアイコンにしてタスクバーを広く使えます。

タスクビュー

タスクビューでは、ウィンドウの切り替えができます。ショートカットキーはWin + Tabです。

デスクトップモードでは、仮想デスクトップの作成や切り替えができます。詳しくは「仮想デスクトップの使い方」をご覧ください。

8

アイコンボタン

Windows 7 から変更はありません。タスクバーにピン留めしたり、開いているアプリやプログラムのアイコンが表示されます。右クリックするとジャンプリストという最近使ったファイルなどを表示できます。

タブレットモードでは、画面の幅が狭いのを想定しているため、既定で非表示になっています。

9

通知領域

大きな変更はありません。アクションセンターのボタンが表示されたり、既定で IME の状態をコンパクトに表示できるようになっています。

19

関連ページ