サイトについて      連絡先   検索

Windows 10 タスクバーにクイック起動を表示する

はじめに

Windows10 でタスクバーにクイック起動を表示する方法を紹介します。

クイック起動を表示すると、タスクバーをランチャーのように使えます。

タブレットモード時はサイズが自動で変更され、見た目がおかしくなるので向いていません。

タスクバーにプログラムを追加するには「タスクバーにプログラムやアプリケーションを登録する」をご覧ください。

クイック起動を表示する

[タスクバー] を右クリックして [ツールバー] から [新規ツールバー] をクリックします。

11

フォルダーにshell:Quick Launchを入力して [フォルダーの選択] をクリックします。

2

タスクバーを固定しているときは、[タスクバー] を右クリックし [タスクバーを固定する] をクリックしてチェックを外した状態にします。

12

クイック起動の左側を左にドラッグして幅を広げます。

4

[Quick Launch] の部分を右クリックして [ボタン名の表示]、[タイトルの表示]、[アイコンの大きさ] を好みの設定に変更します。

13

クイック起動はタスクバーのボタンの左側に移動できます。

6

この場所以外には移動できません。

7

クイック移動にショートカットを追加する

クイック起動に追加したいファイルやフォルダをドラッグします。

8

クイック起動に追加されます。

9

広いディスプレイなら 2 段にしてみると使いやすくなると思います。

10

タブレットモードでクイック起動の表示

タブレットモードにするとタスクバーの配置が変更されるため、クイック起動の幅も自動で変更され使いづらくなります。タブレットモードをメインで使うのには向いていないです。その時はスタートメニューの使用をおすすめします。

関連ページ