サイトについて      連絡先   検索

Windows 10 タスクバーの通知領域のアイコンを非表示にする

はじめに

Windows10 でタスクバーの通知領域のアイコンを非表示にする方法を紹介します。

システムアイコンや時計の表示・非表示を設定できます。

タブレットモードでも隠れているアイコンを表示できます。

通知領域とは

通知領域とはタスクバーの次の場所のことです。

13

通知領域のアイコンを非表示にする

[タスクバー] を右クリックして [設定] をクリックします。

14

[タスクバーに表示するアイコンを選択してください] と [システムアイコンのオン/オフ] をクリックして表示・非表示を設定できます。

15

タスクバーに表示するアイコンを選択してください

ここで [オフ] にしたアイコンは、タスクバーから隠れます。[オン] にするとタスクバーに表示されます。

16

タスクバーの [▲] をクリックすると、オフにしたアイコンが表示されます。隠れているアイコンを通知領域にドラッグして常に表示させることもできます。

7

システムアイコンのオン/オフ

ここで [オフ] にしたアイコンは、タスクバーから非表示になります。時計もここから非表示にできます。

8

[オン] にしたアイコンだけがタスクバーに表示されます。

9

タブレットモードのアイコンの表示

タブレットモードでは既定で表示されるアイコンが決まっています。

全てのアイコンを表示するには [タスクバー] を長押しして [すべての通知アイコンを表示] をチェックした状態にします。

17

上記で説明したアイコンの表示設定が反映されます。

12

関連ページ