サイトについて      連絡先   検索

Windows 10 エクスプローラーの使い方

はじめに

Windows10 のエクスプローラーの使い方を方法を紹介します。

メニューバーやツールバーが無くなり、リボンになりました。

クイックアクセスという従来のお気に入りを使いやすくした新機能もあります。

クイックアクセスの使い方

エクスプローラーを起動するとクイックアクセスが表示されるようになりました。ここには「よく使用するフォルダ」や「最近使ったファイル」が表示されます。

1

[フォルダ] を右クリックし、[クイックアクセスにピン留め] をクリックして好きなフォルダをクイックアクセスに登録できます。

2

起動時の場所を変更する

エクスプローラー起動時の場所をクイックアクセスから、従来と同じように C ドライブや USB ドライブが表示される場所に変更できます。

[表示] をクリックして [オプション] をクリックします。

3

「エクスプローラーで開く」から [PC] を選択し [OK] をクリックして表示できるようになります。

4

リボンの使い方

メニューバーとツールバーがリボンに変更されました。リボンは選択しているファイルの種類に合わせてタブや項目が変化します。

5 6

タブをクリックしてリボンを表示します。

7

常に表示しておくには [▼] をクリックします。

8

クイックアクセスツールバー

ウィンドウの一番上にクイックアクセスツールバーが表示されます。ここにはフォルダの新規作成など、よく使う機能のショートカットを登録できます。

9

表示される項目をカスタマイズするには [▼] をクリックして、表示したい項目をチェックします。

10

リボンの下に表示するとツールバーのようになります。

11

フォルダを自動展開する

開いているフォルダーまでフォルダのツリーを自動展開できます。

[表示] をクリックし [ナビゲーションウィンドウ] をクリックして、[開いているフォルダーまで展開] をチェックします。

13

開いているフォルダまで自動でツリーが展開されます。

14

拡張子を表示する

[表示] をクリックし [ファイル名拡張子] をチェックして、ファイルの拡張子を表示できます。

12

フォルダオプション

[表示] をクリックし [オプション] をクリックして、エクスプローラーの設定を変更できるオプション画面を表示できます。

15

関連ページ