サイトについて      連絡先   検索

Windows 10 スタートメニュー・スタート画面の使い方

はじめに

Windows10 のスタートメニュー・スタート画面の使い方を紹介します。

スタートメニューとスタート画面はどちらも同じものです。

各項目の説明や使い方、設定の変更方法などを紹介します。

スタートメニューとスタート画面

デスクトップモードだとスタートメニューが表示され、タブレットモードだとスタート画面が表示されます。二つの違いは全画面かどうかです。

10 11

デスクトップモードでスタート画面を表示するには「スタートメニューをスタート画面にする」をご覧ください。

アカウントの操作

[アカウント] をクリックすると、アカウントの設定やロック、サインアウト、アカウントの切り替えなどが行えます。

12

設定

[設定] をクリックすると、アカウントや個人用設定などの設定を編集できます。

13

シャットダウンや再起動

[電源] をクリックしてシャットダウンや再起動が簡単にできます。

14

よく使うアプリやフォルダ

左側に選択したフォルダが表示され、その右側によく使うアプリが自動で表示されます。

17

スタート画面では [すべてのアプリ] をクリックすると表示されます。

18

ここに表示される項目を変更するには「スタートメニューに表示するアプリやフォルダを変更する」をご覧ください。

すべてのアプリとプログラム

検索ボックスの上にインストールしたアプリやプログラムが表示されます。

15

スタート画面では [すべてのアプリ] をクリックすると表示されます。

18

タイルの追加と編集

タイルにはアプリやプログラムやフォルダなどを追加して、ランチャーのように使えます。タイル状に並べられているのでタイルと呼びます。タイルのサイズや位置を自由に変更できます。

8

タイルの操作について詳しくは「スタートメニューのタイルにアプリを追加する」をご覧ください。

背景やタイルの色

スタートメニューやスタート画面の背景色やタイルの色を変更できます。詳しくは「スタートメニューやタイルの色を変更する」をご覧ください。

16

関連ページ