サイトについて      連絡先   検索

Windows 10 スタートメニューやタイルの色を変更する

はじめに

Windows10 でスタートメニュー・スタート画面やタイルの色を変更する方法を紹介します。

色を変更するとウィンドウの境界線など全体的な色が変更されます。

スタート画面やタスクバー、アクションセンターの背景色も合わせて変更されます。

スタートメニューについて詳しくは「スタートメニュー・スタート画面の使い方」をご覧ください。
ウィンドウのタイトルバーに色をつけるには「ウィンドウの色を変更する」をご覧ください。

タイルの色を変更する

[スタートボタン] をクリックして [設定] をクリックします。

10

[個人用設定] をクリックします。

11

[色] をクリックします。

12

[背景から自動的にアクセントカラーを選ぶ] のチェックを外して、好きな色をクリックします。ここに表示されていない色は選択できません。

13

スタートメニューのタイルの色が変更されます。一部のアプリは色が固定になっているため変更されません。

14

タイルの色を変更するとウィンドウの境界線など、その他の色も変更されます。

15
[タイトルバーに色を表示する] をオンにするとウィンドウのタイトルバーに色が付きます。詳しくは「ウィンドウの色を変更する」をご覧ください。

スタートメニューの背景の色を変更する

タイルと同じ設定の [色] をクリックします。

12

下の方にある [スタート、タスクバー、アクションセンターに色をつける] をオンにします。

[スタート、タスクバー、アクションセンターを透明にする] をオンにすると、背景が半透明になります。
16

スタートメニュー、タスクバー、アクションセンターの背景がタイルと同じ色になります。

17

好きな色に変更する

上記の方法では決められた色しか選択できません。次の方法で好きな色を設定できます。

rundll32.exe shell32.dll,Control_RunDLL desk.cpl,Advanced,@Advancedを検索して [コマンドの実行] をクリックします。

18

ここから [色] を設定して [変更の保存] をクリックします。色ミキサーを使えば「色合い」や「彩度」など細かい設定ができます。

19

関連ページ