サイトについて      連絡先   検索

Windows 10 アプリの通知を止める

はじめに

Windows10 でアプリの通知を止める方法を紹介します。

すべてのアプリや個別に選択したアプリの通知を非表示にできます。

通知バナーとアクションセンターに表示されるのを止められます。

通知の表示時間を変更するには「通知の表示時間を変更する」をご覧ください。

通知バナーを表示しない

Windows やアプリから通知が来ると、このように通知バナーが表示されます。

13

この通知を止めるには [アクションセンター] をクリックするか、画面右端から内側へスワイプしてアクションセンターを表示します。

14

[非通知モード] をクリックしてオン (色が付いている状態) にします。

15

これで通知バナーが表示されなくなります。

この状態で新しい通知が来るとアクションセンターが白くなり、新着が来ていることがわかります。

16

アクションセンターから何の通知か確認できます。

17

アクションセンターにも通知を残したくないときは次の方法を行います。

アプリの通知を完全に止める

[スタートボタン] をクリックして [設定] をクリックします。

18

[システム] をクリックします。

19

[通知とアクション] をクリックします。

20

すべてのアプリの通知を止める

[アプリやその他の送信者からの通知を取得する] をオフにします。これですべてのアプリの通知バナーが表示されず、アクションセンターにも残りません。

ここからロック画面に通知を表示するかどうかの設定なども変更できます。
21

これはアプリの設定なので Windows からの通知 (Windows Update や USB を接続したときの動作など) は関係なく表示されます。

10

個別にアプリの通知を止める

同じ画面の下の方から通知をオフにしたいアプリを個別に選択できます。Twitter だけ通知を表示しないようにするには、それをオフにします。

22

アクションセンターには残すけど、通知バナーは表示しないようにするには、その [アプリ] をクリックします。

23

[通知バナーを表示] や [アクションセンターに通知を表示する] など個別にオン、オフできます。

24

関連ページ