サイトについて      連絡先   検索

Windows 10 設定とコントロールパネルの使い方

はじめに

Windows10 の設定とコントロールパネルの使い方を紹介します。

設定画面では、よく使う設定やタブレットで使う設定を変更できます。

コントロールパネルでは、デスクトップや管理者権限を必要とする Windows 全体に関わる設定を変更できます。

設定を表示する

[スタートボタン] をクリックして [設定] をクリックします。

11

設定画面が表示されます。

ショートカットキーWin + Iでも表示できます。

12

スタートメニューにピン留めする

よく使う設定は右クリックして [スタート画面にピン留め] をクリックします。

13

スタートメニューのタイルに追加できます。

10

コントロールパネルを表示する

[スタートボタン] を右クリック (タブレットでは長押し) して [コントロールパネル] をクリックします。

14

コントロールパネルが表示されます。

15

設定とコントロールパネルの違い

Windows 10 から新しく「設定」という設定画面が登場しました。これはデスクトップとタブレットの両方で操作しやすくなっています。

設定の特徴

壁紙や Windows Update など、よく使う設定は設定画面から変更できるようになっています。それ以外にもタブレットの設定やアプリの設定などタブレットモードで使用する設定は、すべて設定画面から変更できます。

17

設定を変更するとすぐに画面に反映されるため、操作しやすいです。[OK] ボタンなどはありません。

Windows 10 で設定を変更したいと思ったら、まずは「設定」画面から探して見てください。設定画面から検索するとコントロールパネルも含めた内容を検索できます。

16

コントロールパネルの特徴

デスクトップをメインとした従来の設定を変更できます。

ファイアウォールなど Windows 全体に関わる設定や、[シールド] アイコンが表示された管理者でしか変更できない設定を変更できます。

7

従来の Windows と使い方は変わっていません。項目数が多いため、どこに設定したいものがあるのか探すのが大変になります。

関連ページ