サイトについて      連絡先   検索

Windows 7 を高速化する

はじめに

Windows 7 を高速化する方法を紹介します。起動が遅い、動作が重いのを高速化して Windows を快適にしましょう。

高速化の効果が大きいと思う順に紹介していきます。

SSD で高速化

ハードディスクを SSD に交換して Windows の起動・動作を高速化します。

詳しくは「SSD で Windows 7 を高速化」をご覧ください。

RAID で高速化

RAID とは、複数のハードディスクを組み合わせて 1 台より高速またはデータの復旧を可能にするものです。台数が増えれば増えただけ高速化が見込めます。

詳しくは「RAID で Windows 7 を高速化」をご覧ください。

メモリを増設して高速化

メモリの使用率が約 70% 以上ならメモリ不足です。メモリが不足すると動作が重くなるので、メモリを増設して起動や動作を高速化しましょう。

詳しくは「メモリを増設して Windows 7 を高速化」をご覧ください。

RAMDISK で高速化

RAMDISK はメモリの一部をハードディスクとして使用する、SSD より高速なものです。キャッシュやファイルを入れて Windows を高速化します。

詳しくは「RAMDISK で Windows 7 を高速化」をご覧ください。

デフラグで高速化

Windows 7 のデフラグは処理速度も遅く、性能がよくありません。それを高速にデフラグできるフリーソフトを紹介します

詳しくは「デフラグで Windows 7 を高速化」をご覧ください。

不要なサービスを停止して高速化

Windows の起動時に不要なサービスが数多く動いています。それらを停止・無効にして高速化します。

詳しくは「不要なサービスを停止して Windows 7 を高速化」をご覧ください。

不要な機能を無効化して高速化

Windows の起動時に不要な機能が数多く動いています。それらを無効化にして高速化します。

詳しくは「不要な機能を無効化して Windows 7 を高速化」をご覧ください。

関連ページ