サイトについて      連絡先   検索

Windows 7 の仮想メモリを使用しない

はじめに

仮想メモリとは、メモリが不足したときに備えてハードディスクをメモリ代わりに使用することです。ハードディスクはメモリより遅いので仮想メモリに使用されると Windows の動作が遅くなります。

SSD の寿命を少しでも延ばしたいなら、仮想メモリを使用しない方がいいです。

仮想メモリを使用しない

注意
仮想メモリを使用しないとメモリ不足になる可能性があります。目安として 8GB 以上の十分なメモリがあるときだけ、この設定をしてください。

[スタート] ボタンをクリックして「システムの詳細設定」と入力後、「システムの詳細設定の表示」をクリックします。

1

パフォーマンスの [設定] ボタンをクリックします。

2

「詳細設定」タブの [変更] ボタンをクリックします。

3

[すべてのドライブのページングファイルのサイズを自動的に管理する] のチェックを外します。

4

仮想メモリを使用しないドライブをクリックし、[ページングファイルなし] をクリックして [設定] ボタンをクリックします。

5

メモリ不足になる警告が表示されるので [はい] ボタンをクリックします。

6

[OK] ボタンをクリックします。

これで仮想メモリが使用されなくなります。メモリ不足が発生したら設定を戻してください。

関連ページ