サイトについて      連絡先   検索

Windows 7 .NET Framework について

はじめに

Windows 7 の .NET Framework について紹介します。

.NET Framework とは

「.NET Framework」とは .NET Framework で作成されたアプリケーションを動かすランタイムです。

アプリケーションの動作環境に「.NET Framework 3.5」などと書かれていたら、.NET Framework 3.5 をインストールしないとそのアプリケーションは動作しません。

.NET Framework のバージョン

.NET Framework には「1.0」「1.1」「2.0」「3.0」「3.5」「4」 のバージョンがあります。まだリリースされていませんが「4.5」も発表されています。

1

「1.0」「1.1」「2.0, 3.0, 3.5」「4, 4.5」はそれぞれ独立しており、個別にインストールします。

「3.5」は「2.0」「3.0」と互換性があり、インストールすると「2.0」「3.0」もインストールされます。

「3.0」は「2.0」と互換性があり、インストールすると「2.0」もインストールされます。

インストール可能なバージョン

古い .NET Framework は Windows 7 にインストールできません。

2

Windows 7 には「1.0」「1.1」のバージョンをインストールできません。

Windows 7 には .NET Framework 3.5 SP1 がインストールされています。SP1 とは Service Pack の略称で不具合の修正がされているものです。

関連ページ