サイトについて      連絡先   検索

Windows Live メール 2011 を 2009 に戻す方法

はじめに

Windows Live メール 2011 を 2009 に戻す方法を紹介します。

Windows Live Essentials 2011 の全てのプログラムをアンインストールし、Windows Live Essentials 2009 をインストールします。

Windows Live メール 2011 は「返信時に引用符が付かない」や「リボン インタフェースが使いづらい」などの理由で 2009 に戻したい方が多いようです。

Windows Live Essentials 2011 のアンインストール

メールやアカウント情報などは 2009 へ引継ぎできます。念のためバックアップを取ることをおすすめします。

[スタート] ボタンをクリックして「アンインストール」と入力後、「プログラムのアンインストール」をクリックします。

1

「Windows Live Essentials 2011」をクリックし [アンインストールと変更] をクリックします。

2

[Windows Live プログラムの削除] をクリックします。

3

全てのプログラムをチェックし [アンインストール] をクリックします。

4

アンインストールが終了するまで数分待ちます。

5

アンインストールされたので再起動します。

6

Windows Live メール 2009 のインストール

Windows Live Essentials (旧名: おすすめパック)」サイトへ行き [ダウンロード] をクリックします。

1

ダウンロードしたファイルを実行します。

1

[メール] をチェックして、それ以外のチェックを外し [インストール] ボタンをクリックします。

インターネットに接続されている必要があります。
2

インストールが完了するまで数分待ちます。

3

チェックを外し [続行] をクリックします。

4

[閉じる] をクリックします。

5

更新プログラムの非表示

Windows Live Essentials 2011 は Windows Update でインストールされるため、この更新プログラムを非表示にします。

Windows Update に Windows Live Essentials 2011 が来たら [スタート] ボタンをクリックして「すべてのプログラム」の中から「Windows Update」をクリックします。

7

「重要な更新プログラム が利用可能です」をクリックします。

8

「Windows Live Essentials 2011」を右クリックし [更新プログラムの非表示] をクリックします。

9

関連ページ