サイトについて      連絡先   検索
Word: 2013201020072013 へ移動

ワード 2010 変更履歴を記録・表示する

はじめに

ワード 2010 の変更履歴を記録・表示する方法を紹介します。

ページのどの部分が変更されたのか履歴を残せます。

変更する前と後の状態を切り替えて表示できます。

変更履歴を記録する

次の文章の変更履歴を記録します。これが変更される前の状態になります。

1

校閲タブをクリックして「変更履歴の記録」をチェックします。

2

変更履歴が記録される状態になります。このまま文章を編集すると履歴が表示されます。

3

変更履歴の記録を停止する

校閲タブをクリックして「変更履歴の記録」のチェックを外します。

2

文章を編集しても履歴は残りません。今までの変更履歴はそのまま残ります。

変更履歴の表示方法を変更する

校閲タブをクリックして「変更内容の表示」の「▼」をクリックして表示方法を選択します。

4

最終版:変更箇所/コメントの表示

変更を最後に承諾した状態から現在までの変更履歴を表示します。

3

最終版

変更履歴を表示しないで、現在の状態を表示します。

変更履歴を記録していない状態では、これが通常の表示方法です。
5

初版:変更箇所/コメントの表示

変更を承諾する前の状態から現在までの変更履歴を表示します。

6

初版

変更履歴を記録する前の状態を表示します。

7

変更履歴をまとめて表示する

校閲タブをクリックして「変更履歴 ウィンドウ」をチェックします。

8

変更履歴のウィンドウが表示され、変更履歴をまとめて確認できます。

9

関連ページ