サイトについて      連絡先   検索
Word: 2013201020072010 へ移動

ワード 2013 アウトラインを設定する

はじめに

ワード 2013 のアウトラインを設定する方法を紹介します。

アウトラインを設定すると目次を自動生成できます。

アウトラインを定義して段落番号を自動で設定できます。

アウトラインについて

アウトラインを設定すると次のようなことができます。

アウトラインには「レベル 1」から「レベル 9」まであります。アウトラインが設定されていないと「本文」となります。初期状態は「本文」です。

アウトラインを設定しても見た目に変化はありませんが、それを目次などの機能に使用します。

アウトラインを設定する

手動で設定する

アウトラインを設定する段落をクリックまたは範囲選択します。

1

ホームタブをクリックして「右下矢印」の段落をクリックします。

2

インデントと行間隔タブをクリックし、アウトラインレベルからレベルを選択します。ここでは「レベル 1」をクリックして「OK」をクリックします。

3

これで「ワード1」の段落にアウトライン「レベル 1」が設定されます。

1

見出しスタイルから設定する

見出しスタイルを適用するとその番号に対応したアウトラインレベルが設定されます。見出しスタイルを設定する段落をクリックまたは範囲選択します。

4

ホームタブをクリックして「見出し1」スタイルをクリックします。

5

これで「ワード見出し1」の段落に、見出しスタイルとアウトライン「レベル 1」が設定されます。

6

目次を自動生成する

目次を作成するときにアウトラインレベルを指定します。アウトラインに設定した段落の文章がそのまま目次になります。

目次を挿入する箇所をクリックします。

7

参考資料タブをクリックし、「目次」をクリックして「ユーザー設定の目次」をクリックします。

8

アウトラインレベルに目次を作成するアウトラインのレベルを指定します。ここでは「1」を入力して「OK」をクリックします。

9

アウトライン「レベル1」が設定されている段落から、目次が自動生成されます。

10

詳しくは「目次を作成する」をご覧ください。

見出しに段落番号を設定する

アウトラインレベルと見出しスタイルを関連付けて、見出しスタイルに自動で段落番号を設定できます。

11

詳しくは「見出しに段落番号を設定する」をご覧ください。

アウトラインを表示する

表示タブをクリックして「ナビゲーション ウィンドウ」をチェックします。

12

設定されているアウトラインが全て表示され、クリックするとそのアウトラインが表示されます。

13

関連ページ