Google Chrome のキャッシュの場所を確認する

はじめに

Google Chrome のキャッシュの場所を確認する方法を紹介します。

Chrome のユーザー毎にフォルダの場所が変わります。

キャッシュがあるとページの読み込みが速くなります。

  • 目次
    • キャッシュの場所を確認する
    • キャッシュの種類

キャッシュの場所を確認する

Chrome のキャッシュは Windows 10、8、7 共に同じ場所にあります。

エクスプローラーで次の場所を表示します。

C:\Users\%USERNAME%\AppData\Local\Google\Chrome\User Data
%USERNAME% は Windows にログインしているユーザー名に置き換わります。

AppData フォルダは隠しファイルになっています。[表示] をクリックして [隠しファイル] をチェックすると表示されます。

9

User Data フォルダの中にDefaultProfile 1、2…などのフォルダがあります。

4

それらのフォルダの中にあるCacheフォルダに Chrome のキャッシュが保存されています。

7

DefaultProfile 1、2…など、どのフォルダを使用しているのかは、Chrome にログインしているユーザー毎に異なります。

10

適当なサイトを見てCacheフォルダ内の更新日時が新しくなっていたら、それを使用しています。

Default フォルダなら次のパスになります。
C:\Users\%USERNAME%\AppData\Local\Google\Chrome\User Data\Default\Cache
Profile 1 フォルダなら次のパスになります。
C:\Users\%USERNAME%\AppData\Local\Google\Chrome\User Data\Profile 1\Cache

キャッシュの種類

キャッシュ フォルダは複数あります。

一般的にキャッシュといえばCacheCode Cacheフォルダのことを指します。

  • 目次
    • キャッシュの場所を確認する
    • キャッシュの種類