Evernote ノートの書式設定をする

はじめに

Evernote(Windows, Web)でノートの書式設定をする方法を紹介します。

フォントや段落、表やチェックボックスなど文書作成に必要な機能があります。

オートフォーマットやテンプレートからも作成できます。

  • 目次
    • ノートの書式設定をする
    • 書式を削除する
    • ノートを全画面表示する

ノートの書式設定をする

ノートの書式設定をするには、ツールバーを使用します。

p4

[+ 挿入] から表や画像などを挿入できます。

p7

このような書式設定があります。

p11

オートフォーマット

特定の文字を入力した後に Enter キーを入力すると、自動で書式が設定されるのを「オートフォーマット」と言います。

行頭で---を入力後に Enter キーを入力して、水平線を引けます。

行頭で*+-のいずれかを入力後に Enter キーを入力して、箇条書きになります。

オートフォーマットを無効にすることはできませんが、書式が設定された後に元に戻すCtrl + Zで書式を削除できます。

テンプレート

新規ノートの [▼] からテンプレートを指定して作成できます。

p12

書式を削除する

削除したい [文字列] を範囲選択します。

p8

[その他] から [書式を削除] をクリックします。

Windows 版なら右クリックからもできます。
p9

書式が削除され、既定の書式になります。

p10

ノートを全画面表示する

[ノートを展開] アイコンをクリックして全画面表示できます。もう一度クリックして元に戻せます。

p5

または Windows 版なら [ノート] をダブルクリックや、メニューの [ノート] から [新しいウィンドウ] をクリックして新しいウィンドウで表示できます。

p6
  • 目次
    • ノートの書式設定をする
    • 書式を削除する
    • ノートを全画面表示する