サイトについて      連絡先   検索

Evernote 選択項目からノートを作成する

はじめに

Evernote で選択項目からノートを作成する方法を紹介します。

範囲選択している文字列から新規ノートを作成したり、エクスプローラーなどからファイルを添付できます。

  • 目次
    • Windows 版で選択項目からノートを作成する
    • Web クラシック版で選択項目からノートを作成する

Windows 版で選択項目からノートを作成する

Windows 版で選択項目からノートを作成するには、[ツール] から [オプション] をクリックします。

p-option

[ショートカットキー] をクリックし、[選択部分をコピー] に新しいショートカットキーを入力して [OK] をクリックします。ここではCtrl + Alt + Aキーを入力します。

既存の [Win + A] は Windows のアクションセンターを表示するショートカットキーと競合しています。
p1

[文章] や [ファイル] を範囲選択して [選択部分をコピー] ショートカットキーを入力します。

p4

範囲選択した項目からノートが作成されます。

p3

タスクバーの [アイコン] を右クリックして [選択部分をコピー] からも同様の操作ができます。ただしタスクバーをクリックした時点で範囲選択が解除されるので、正しく動作しないことがあります。ショートカットキーから操作するのをおすすめします。

p2

Web クラシック版で選択項目からノートを作成する

Web には「ベータ版」と「現在」と「クラシック」の 3 つのバージョンが存在します。

ブラウザで選択項目からノートは作成できません。

新規ノートを作成したら、選択項目をコピーして貼り付けます。

  • 目次
    • Windows 版で選択項目からノートを作成する
    • Web クラシック版で選択項目からノートを作成する