Evernote メールからノートを作成する

はじめに

Evernote でメールからノートを作成する方法を紹介します。

専用のメールアドレスに送ったメールからノートを作成できます。

ノートブックやタグを指定したり、ファイルを添付できます。

無料版では合計で 5 件までしか使用できません。

  • 目次
    • メールからノートを作成する

メールからノートを作成する

Windows 版でメールからノートを作成するには、[ツール] から [アカウント情報] をクリックします。

p-account

ウェブ版なら [アカウント] から [アカウント情報] をクリックします。

w-account

または「アカウントの概要」のページを開きます。

メールの転送先の [メールアドレス] にメールを送ると、そのメールが新規ノートとして作成されます。右クリックからメールアドレスをコピーできます。

p7

メールの転送先に [メール] を送ります。

同期されるまで少し待つと、送られたメールからノートが作成されます。

p8

Evernote の無料版では合計で 5 件までしか対応していません。基本的に有料版の機能になります。

ノートブックやタグを指定

メールの件名がノートのタイトルになります。

件名の最後に次の内容を入力してノートブックやタグなどを指定できます。

ノートのタイトルを「クリスマス」、リマインダーを「2020年12月25日」、ノートブックを「メールブック」、タグを「メールタグ」にするには件名を次のように入力します。

クリスマス !2020/12/25 @メールブック #メールタグ

件名、リマインダー、ノートブック、タグの順に入力すると正常に動作します。

ノートブックやタグなどは作成されている必要があります。新規作成はしてくれません。

ファイルを添付

メールにファイルを添付すると、ファイルからノートを作成したようにノートを作成できます。

既存のノートに追加

メールの件名の最後に+を付けると、そのタイトルの最新のノートに本文を追加します。新規ノートは作成されません。

ノートのタイトル「メールノート」に追加するには、件名を次のように入力します。

メールノート+

メールの自動設定

転送したメールを毎回手動でノートブックやタグを指定しているとき、それを Evernote が自動で設定してくれる機能があります。

個人設定」のページを開いたら [自動ファイリング] をチェックします。

p9

いずれ自動で設定されるようになります。

  • 目次
    • メールからノートを作成する