エクセル カメラの表示と使い方

はじめに

エクセルのカメラの表示と使い方を紹介します。

クイック アクセス ツールバーのユーザー設定 > その他のコマンド > リボンにないコマンド から、カメラを表示できます。

リンク先のセルを範囲選択してカメラをクリックし、セルをクリックして図のリンクを貼り付けられます。

列幅の違う表を並べたいときに便利な機能です。印刷時にずれるときの対処法も紹介します。

  • 目次
    • カメラを表示する
    • カメラ機能と使い方
    • 貼り付けオプションから図のリンクする
    • 印刷時にずれる

カメラを表示する

[クイック アクセス ツールバーのユーザー設定] をクリックして [その他のコマンド] をクリックします。

1

コマンドの選択から [リボンにないコマンド] をクリックします。[カメラ] をクリックし [追加] をクリックして [OK] をクリックします。

2

カメラが表示されます。

3

カメラ機能と使い方

カメラの機能は図のリンクを簡単に貼り付けできます。

リンク先となる [セル] を範囲選択して [カメラ] をクリックします。

9

貼り付けたい [セル] をクリックすると、そこにその範囲のセルが図のリンクとして貼り付けられます。

10

リンクしているので元のデータを編集すると、自動的に図も変更されます。

11

図のサイズはドラッグしても変更できますが、細かな調整は [図] を右クリックして [サイズとプロパティ] をクリックします。ここから詳細な設定ができます。

16

貼り付けオプションから図のリンクする

カメラを使わずに同じことを行うには、リンク先となる [セルの範囲] をコピーします。

12

[セル] を右クリックして [形式を選択して貼り付け] から [リンクされた図] をクリックします。

13

図のリンクが貼り付けられます。

14

図の背景が透けているときは、[図] を右クリックして [図の書式設定] をクリックします。[塗りつぶし (単色)] を選択すれば背景色を設定できます。

15

印刷時にずれる

Alt キーを押しながら図をドラッグすると、きれいにセルに合わせて移動できます。

次に [図] を右クリックして [サイズとプロパティ] をクリックします。[プロパティ] をクリックして [セルに合わせて移動やサイズ変更をしない] を選択します。

17

これで可能な限りずれるのを防げます。しかし、プリンタによって必ず誤差は発生します。ミリ単位でのずれは許容範囲です。

図の右端だけすこし見切れるときは、サイズを少しだけ縮めて対応できます。