エクセル 時間計算する方法

はじめに

エクセルの時間計算する方法を紹介します。

経過時間を計算するには、終了時間から開始時間を引き算します。

終了時間を計算するには、開始時間に経過時間を足し算します。休憩時間も考慮できます。

合計時間の計算や時給の給与計算、時単位、分単位、秒単位や 24 時を超えたときにも対応できます。

日数を計算するには「日付の日数計算をする」をご覧ください。
年齢を計算するには「年齢計算する方法」をご覧ください。
  • 目次
    • 経過時間を計算する
    • 合計時間を計算する
    • 終了時間を計算する

経過時間を計算する

経過時間を求めるには、終了時間から開始時間を引き算します。

セル「B3」の開始時間から、セル「C3」の終了時間までの経過時間を求めるには =C3-B3 を入力します。

15

セル「D3」の休憩時間を引きたいときは =C3-B3-D3 を入力します。

16

休憩時間が 1 時間のように固定なら「TIME 関数」を使用して =C3-B3-TIME(1,0,0) を入力します。

28

終了時間が 24 時を超えるときは、終了時間の表示形式に [h]:mm を設定します。

29

表示形式の設定は [セル] を右クリックして [セルの書式設定] から [ユーザー定義] の [種類] に入力して [OK] をクリックします。

27

時単位の表示

1:301.5 と表示するには、経過時間に 24 を掛けて =(C3-B3)*24 を入力します。

18

結果が時間形式になるときは [セルの書式設定] から [標準] をクリックして [OK] をクリックします。

30

分単位の表示

1:3090 と表示するには、経過時間に 24 と 60 を掛けて =(C3-B3)*24*60 を入力します。

17

秒単位の表示

0:01:1070 と表示するには、経過時間に 24 と 60 と 60 を掛けて =(C3-B3)*24*60*60 を入力します。

19

合計時間を計算する

1 ヵ月分の勤務時間のように、経過時間の合計を求めるには「SUM 関数」を使用してすべての経過時間を合計します。24 時間を超えるので表示形式には [h]:mm を設定しています。

=SUM(D3:D7)
31

合計時間の給与を求めるには、合計時間に 24 を掛けて時単位にしてから時給を掛けます。

=E3*24*F3
32

終了時間を計算する

終了時間を計算するには、開始時間に経過時間を足します。

セル「B3」の開始時間とセル「C3」の経過時間から終了時間を求めるには =B3+C3 を入力します。

20

終了時間が 24 時を超えるときは表示形式に [h]:mm を設定します。これをしないと 25:00 が 1:00 のように表示されます。

33

表示形式の設定は [セル] を右クリックして [セルの書式設定] から [ユーザー定義] の [種類] に入力して [OK] をクリックします。

27

時単位の計算

経過時間が時単位で入力されているときは、経過時間を 24 で割って =B3+(C3/24) を入力します。

25

結果が時間形式になるときは [セルの書式設定] から [標準] をクリックして [OK] をクリックします。

30

分単位の計算

経過時間が分単位で入力されているときは、経過時間を 24 と 60 で割って =B3+(C3/24/60) を入力します。

21

秒単位の計算

経過時間が秒単位で入力されているときは、経過時間を 24 と 60 と 60 で割って =B3+(C3/24/60/60) を入力します。

26