更新日:、 作成日:

エクセル 条件付き書式をコピーする

はじめに

365202120192016:対応

エクセルの条件付き書式をコピーする方法を紹介します。

セルをコピーして形式を選択して貼り付けの書式設定から、条件付き書式を含めた書式をコピーできます。オートフィルから連続してコピーもできます。

条件付き書式のルールの管理から適用先に範囲を指定して、条件付き書式だけコピーできます。

コピーしたときのセル参照は、通常のセルをコピーしたときと同じように必要に応じて絶対参照にする必要があります。

ドラッグでコピーする

この方法では通常のセルの書式もコピーされます。条件付き書式だけコピーしたいときは、下記の「ルールの管理でコピーする」をご覧ください。

セル「B2」には「2016 と等しい」条件の条件付き書式が設定されています。これを他のセルにコピーする方法を紹介します。

セル「B2」をクリックします。

10

セルの右下の [■] を下のセルへドラッグします。

11

[オートフィル オプション] から [書式のみコピー] をクリックします。

12

条件付き書式がコピーされます。通常のセルの書式もコピーされます。

13

列にコピーしたいときも同じ方法でできます。

形式を選択して貼り付けでコピーする

この方法では通常のセルの書式もコピーされます。条件付き書式だけコピーしたいときは、下記の「ルールの管理でコピーする」をご覧ください。

セル「B2」には「2016 と等しい」条件の条件付き書式が設定されています。これを他のセルにコピーする方法を紹介します。

セル「B2」をコピーします。

15

コピー先の [セル] をコピー元のセルも含めて範囲選択し、右クリックして形式を選択して貼り付けから [書式設定] をクリックします。

14

条件付き書式がコピーされます。通常のセルの書式もコピーされます。

13

コピー元を含めて範囲選択する理由

コピー元のセル「B2」を含めないで貼り付けると、条件付き書式の適用先が分かれることになります。

セル「B2」の条件付き書式:

16

セル「B3」~「B6」の条件付き書式:

17

この状態でセル「B2」の条件付き書式を変更しても、セル「B3」~「B6」には反映されません。

18

適用先が分かれないようにするために、コピー元を含めたセル「B2」~「B6」に貼り付けしています。

19

セル「B2」の条件付き書式を変更すると、セル「B3」~「B6」にも反映されます。

20

ルールの管理でコピーする

この方法では条件付き書式だけをコピーできます。離れたセルの範囲にも同じ条件付き書式をコピーできます。

セル「B2」には「2016 と等しい」条件の条件付き書式が設定されています。これを他のセルにコピーする方法を紹介します。

セル「B2」をクリックします。

10

[ホーム] タブをクリックし、スタイルグループにある [条件付き書式] から [ルールの管理] をクリックします。

21

[適用先] をクリックします。

16

同じ条件を適用したい [セル] を範囲選択します。適用先にその範囲が入力されるので [OK] をクリックします。

22

条件付き書式だけがコピーされます。

13

離れたセルにコピー

[適用先] をクリックします。

16

Ctrl キーを押しながら、同じ条件を適用したい [セル] を範囲選択します。

23

離れたセルも適用先に含められます。

24

離れたセルに同じ条件付き書式をコピーできます。

25

適用先の形式は次のようにカンマ区切りで範囲を追加できます。

=絶対参照の範囲
=絶対参照の範囲,絶対参照の範囲
=絶対参照の範囲,絶対参照の範囲,絶対参照の範囲

Ctrl キーを押しながらすべてを範囲選択しなくても、1 つの範囲を選択したらカンマを入力して、次の範囲を選択する方法でも入力できます。

別シートにコピーする

条件付き書式が設定された [セル] をコピーします。

26

別シートに貼り付けます。

27

これだけです。条件付き書式はシート単位で設定されるので、コピー元の条件を変更してもコピー先に影響はありません。

数式の参照に注意

条件に数式を使用しているときは、セル参照なのか絶対参照かで注意が必要です。

28

絶対参照で数式を入力していると、コピーした先の数式も同じ参照先になるので結果が思っているのと異なることがあります。これは通常の数式をコピーしたときと同じ動作です。