エクセル DAYS 関数:日付を引き算した日数を取得する

はじめに

エクセルの DAYS 関数の使い方を紹介します。

DAYS 関数は日付を引き算した差の日数を計算します。

=DAYS(A2,A1) のようにして、2 つの日付を引き算した日数を取得できます。

=DAYS(A2,DATE(2000,1,1)) のようにして、2000/1/1 からの日数を取得できます。

=DAYS(A2,"2000/1/1") のようにして、2000/1/1 からの日数を取得できます。

開始日から終了日までの日数を計算するのに使用します。

日数や月数を計算する方法は「日付の日数計算をする」をご覧ください。
時間を計算する方法は「時間計算する方法」をご覧ください。
  • 目次
    • DAYS 関数
    • 使い方
    • 解説

DAYS 関数

DAYS(終了日, 開始日)
開始日から終了日までの日数を求めます。

引数「終了日」期間の終了となる日付を指定します。スピル化
引数「開始日」期間の開始となる日付を指定します。スピル化

スピル化:セルの範囲や配列を指定すると結果が「スピル」します。

使い方

日付を引き算した差を計算する

2 つの日付を引き算した日数を取得します。「DATEDIF 関数」を使用したり、セルの引き算でも計算できます。

=DAYS(C3,B3)
=DATEDIF(B4,C4,"D")
=C5-B5
  • DAYS 関数:時間を無視します。
  • DATEDIF 関数:時間を無視します。開始日が終了日を超えるときはエラー #NUM! になります。
  • 引き算:時間を含めた結果になるので、日時のときは時間を表す小数が付きます。

同じ日を引いたときに 1 日にするには、結果に 1 を加えます。

=DAYS(C6,B6)+1
3

開始日が 2000/1/1 との日付の差を計算する

2000/1/1 から終了日までの日付の日数を取得します。「DATE 関数」を使用して日付を入力できます。

=DAYS(B3,DATE(2000,1,1))
=DAYS(B4,"2000/1/1")
4

解説

引数「開始日」と引数「終了日」が同じ日なら、0 を取得します。

引数「開始日」が引数「終了日」を超えるときはマイナスの日数になります。

引数に含まれている時刻は無視されます。

引数が「DATEVALUE 関数」や「TIMEVALUE 関数」で日付や時間に変換できない文字列のときは、エラー #VALUE! になります。