エクセル EOMONTH 関数:数ヶ月後の月末を計算する

はじめに

エクセルの EOMONTH 関数の使い方を紹介します。

EOMONTH 関数は数ヶ月後の月末の日付を表す数値を取得します。日付の実際の値は数値です。それをセルの書式設定から日付形式に表示できます。

=EOMONTH("2000/1/1",1) のようにして、1 ヵ月後の月末 2000/2/29 を取得できます。

=EOMONTH("2000/1/1",0) のようにして、その月の月末 2000/1/31 を取得できます。

=EOMONTH("2000/1/1",-1)+10 のようにして、その月の 10 日 2000/1/10 を取得できます。

今月や数ヵ月後の月末だけでなく 1 日や 10 日など指定の日を取得するのに使用します。

月末を考慮して数ヵ月後の日付を取得するには「EDATE 関数」を使用します。
月末や数日後の日付を入力する方法は「日付を自動で入力する」をご覧ください。
  • 目次
    • EOMONTH 関数
    • 使い方
    • 解説

EOMONTH 関数

EOMONTH(開始日, )
開始日から指定した数後の月末を取得します。

引数「開始日」基準となる日付を指定します。配列スピル化
引数「月」引数「開始日」の何ヶ月後の月末を取得するかの月数を指定します。配列スピル化

配列スピル化:配列を指定すると結果が「スピル」します。セルの範囲はスピルできません。

使い方

数ヵ月後の月末を取得する

3/1 の数ヵ月後の月末の日付を取得します。

=EOMONTH(B3,C3)

結果が数値になっているのは、日付の実際の値は数値なのでその値を取得します。セルの書式設定から日付形式で表示できます。

6

数ヵ月後の 1 日や 10 日などを取得する

1/1 の数ヵ月後の 1 日や 10 日を取得します。

=EOMONTH(B3,C3-1)+D3

1 ヵ月前の月末にその日の値を足して計算できます。

7

解説

日付の実際の値は数値なのでその値を取得します。2000/1/1 の実際の値は 36526 です。

結果を日付形式で表示するにはセルの書式設定から日付を選択します。

date-format

引数「開始日」に含まれている時刻は無視されます。

引数「開始日」が「DATEVALUE 関数」や「TIMEVALUE 関数」で日付や時間に変換できない文字列のときは、エラー #VALUE! になります。

引数「月」が 1 なら、引数「開始日」の 1 ヵ月後の月末を取得します。1/12/28

引数「月」が 0 なら、引数「開始日」の月末を取得します。1/11/31

引数「月」がマイナスの値なら、引数「開始日」の前の月の月末を取得します。

結果がエクセルで扱えない日付になるときはエラー #NUM! になります。