サイトについて      連絡先   検索

エクセル 2016 文字や表が切れるのを 1 枚に収めて印刷する

はじめに

エクセル 2016 の文字や表が切れるのを 1 枚に収めて印刷する方法を紹介します。

列や行が次のページに表示されてしまうのを 1 ページに収められます。中央に印刷もできます。

文字が見切れて隠れてしまうのを表示できます。

1 ページに収める

印刷したときに 1 列だけ次のページになったり。

2

1 行だけ次のページになることがあります。

1

これを 1 ページに収める 2 つの方法を紹介します。

枚数を指定

印刷プレビュー画面の 1 番下にある [設定] をクリックして [・・・ 1 ページに印刷] をクリックします。

3

[シートを 1 ページに印刷]:すべてを 1 枚で印刷します。

[すべての列を 1 ページに印刷]:列が切れるのを防げます。

4

[すべての行を 1 ページに印刷]:行が切れるのを防げます。

5

改ページを指定

[表示] タブをクリックして [改ページプレビュー] をクリックします。

[標準] をクリックして元の状態に戻ります。
6

青い点線が改ページされる場所です。

列を 1 ページに収めるには、列の青い点線をすべての列が収まるようにドラッグします。

7

行を 1 ページに収めるには、行の青い点線をすべての行が収まるようにドラッグします。

8

拡大率を指定

どちらの方法でも拡大率を縮小して 1 ページに収まるようにしています。このため印刷される文字の大きさが小さくなります。

9

拡大率は手動でも変更できますが、これを自動でやるのが上記の方法です。

文字が切れるのを防ぐ

見た目は見切れていなくても

13

印刷すると見切れることがあります。

14

これを見切れないようにする方法を紹介します。

列や行のサイズを [変更する部分] をダブルクリックします。自動調整が有効になり十分なサイズに広がります。

15

セルの書式設定から [配置] タブをクリックし、[折り返して全体を表示する] または [縮小して全体を表示する] をチェックします。

16

[折り返して全体を表示する] をチェックしたときも、列や行のサイズを [変更する部分] をダブルクリックして自動調整を有効にします。

18

[縮小して全体を表示する] をチェックしたときは、何もしなくても見切れないようにできます。

17

セル結合しているときはサイズの自動調整ができないため余裕を持ったサイズに広げるか [縮小して全体を表示する] をチェックします。

19

見切れる原因

エクセルで使用している「標準フォント」をプリンタがサポートしていないのが主な原因です。サポートしていないとプリンタの既定のフォントが使用されます。

フォントによって文字の大きさは違います。エクセルと違うフォントで印刷すると、それだけずれることになるので見切れたりします。

標準フォントは [ホーム] タブをクリックし、スタイルグループにある [セルのスタイル] から [標準] を右クリックして [変更] をクリックします。

20

[書式設定] で変更できます。

21

中央に印刷する

[ページレイアウト] タブをクリックし、ページ設定グループにある [右下矢印] をクリックします。

10

[余白] タブをクリックし、[水平] や [垂直] をチェックして [OK] をクリックします。

11

チェックした方向に対して中央に印刷できます。

12

中央というのは余白を除いた部分に対してです。左側だけ余白を大きくすると、少し右寄りになります。