サイトについて      連絡先   検索

エクセル 2013 勤務期間や営業日数を求める日付関数

はじめに

エクセル 2013 の勤務期間や営業日数を求める日付関数の使い方を紹介します。

入力した開始日と終了日から経過した日数を求められます。

週末や休日、欠勤日などを除いた日数を求められます。

単純に期間を求める

この方法では、週末や休日など休みを考えないで単純に経過した日数を求めます。

セル「B3」に開始日を入力します。セル「C3」に終了日を入力します。

日数を求める

日数を求めるには=C3-B3+1を入力します。

1

終了日から開始日を引いて日数を求められます。+1をしているのは、勤務開始日を 1 日と数えるためです。開始日と終了日を同じにすると 0 日になるため 1 日少ないことがわかります。

週数を求める

週数を求めるには日数を 7 で割ります。1 ~ 6 日間の勤務を 0 週とするか 1 週とするかの両方のやり方を紹介します。

0 週とするには=INT((C3-B3+1)/7)を入力します。

1 週とするには=ROUNDUP((C3-B3+1)/7,0)を入力します。

2

0 週とするには「INT 関数」を使用して小数点を切り捨てています。

1 週とするには「ROUNDUP 関数」を使用して小数点を切り上げています。

月数を求める

1 ヵ月未満の日数を 0 ヵ月とするか 1 ヵ月とするかの両方のやり方を紹介します。

0 ヵ月とするには=DATEDIF(B3,C3,"M")を入力します。

1 ヵ月とするには=(YEAR(C3)*12+MONTH(C3))-(YEAR(B3)*12+MONTH(B3))+1を入力します。

3

0 ヵ月とする方法では、「DATEDIF 関数」を使用して満月数を求められます。1/15 ~ 2/14 までは 0 ヵ月になります。2/15 から 1 ヵ月と計算されます。

1 ヵ月とする方法では、「YEAR, MONTH, DAY 関数」を使用して、年に 12 をかけて月として扱っています。終了月-開始月+1を計算しています。

年数を求める

年数を求めるには=DATEDIF(B3,C3,"Y")を入力します。

年内の月数を求めるには=DATEDIF(B3,C3,"YM")を入力します。

4

DATEDIF 関数」を使用して満年数を求められます。2016/1/15 ~ 2017/1/14 までは 0 年になります。2017/1/15 から 1 年と計算されます。

休日を除いた日数を求める

この方法では、週末や休日、欠勤日などを除いた日数を求めます。

5

休日などを除いて日数を求めるには「NETWORKDAYS.INTL 関数」を使用します。

セル「B3」に開始日を入力します。セル「C3」に終了日を入力します。

土日が週末

土日を週末として日数を求めます。

=NETWORKDAYS.INTL(B3,C3)
6

開始日と終了日だけを指定すると、自動で土日が週末として扱われます。

土日以外が週末

月曜日を週末として日数を求めます。

=NETWORKDAYS.INTL(B3,C3,"1000000")
7

週末を指定するときは 0 が営業日、1 が休みです。月火水木金土日の順番に指定します。土日が休みなら0000011です。

休日や欠勤日を指定

週末に加えて休日または欠勤日を除いて日数を求めます。

=NETWORKDAYS.INTL(B3,C3,1,F3:F5)
=NETWORKDAYS.INTL(B3,C3,"0000000",F3:F5)
8

週末に 1 を指定すると土日が週末になります。

週末を除外したくないときは0000000を指定して週末をなしにできます。

休日や欠勤日の日付が入ったセルを範囲指定します。その日付が休日として日数から除外されます。

関連ページ