サイトについて      連絡先   検索

エクセル 2013 VALUE 関数:文字列を数値に変換する

はじめに

エクセル 2013 の VALUE 関数を紹介します。

VALUE 関数は数値にできる文字列を数値に変換します。

文字列の数字を計算したいときに使用します。

構文

VALUE(文字列)

名前 説明
引数「文字列」数値や日付形式の文字列を指定します。

使用例

数値の文字列を変換する。

=VALUE(B2)
3

日付形式の文字列を変換する。日付のシリアル値に変換されます。

=VALUE("2000/1/1")
4

解説

数値にできない文字列を指定したときはエラーになります。

文字列になっている数値をエクセルは自動で変換して計算してくれます。「VALUE 関数」が必要になるのは文字列から数字を抽出したときに、数値として扱いたいときです。数字を抽出した後にセルの書式設定で数値にするなら「VALUE 関数」は必要ありません。

5

関連ページ