サイトについて      連絡先   検索

エクセル 2013 VLOOKUP 関数の使い方をわかりやすく解説

はじめに

エクセル 2013 VLOOKUP 関数の使い方をわかりやすく解説します。

VLOOKUP 関数の引数にどういう値を設定すればいいのか解説します。

別シートのセルの指定方法や、複数条件の対応方法やエラーの対処方法なども紹介します。

VLOOKUP 関数の使い方

VLOOKUP 関数の引数に何を指定すればいいのか、1 つずつ解説します。

=VLOOKUP(検索値, 範囲, 列番号, 検索の型)

第 1 引数 (検索値)

次のようなデータがあります。この中から何を検索したいですか?

20

「No.」を検索して名前を取得したい。「名前」を検索してバージョンを取得したい。その検索する値を第 1 引数に指定します。検索する値がセル「B8」に入っているのなら次のように入力します。

=VLOOKUP(B8
21

第 2 引数 (範囲)

ここでは「No.」を検索することにします。では何を取得しますか?

「名前」を取得したい。「バージョン」を取得したい。このように検索する「No.」から取得したいデータの範囲を第 2 引数に指定します。「名前」「バージョン」「個数」のどれかを取得したいならその全てが範囲に収まるように次のように入力します。

=VLOOKUP(B8,B3:E5
22

「No.」ではなく「名前」を検索するなら次のような範囲になります。

23

重要なのは、範囲の左端の列が検索される列になることです。逆に言えば「名前」を検索して「No.」を取得するようなことはできません。

24

第 3 引数 (列番号)

「No.」から「名前」を取得したい。名前の列は何番目ですか?

検索する「No.」の列を 1 として「名前」は 2、「バージョン」は 3 のようになります。このように取得したい列の番号を第 3 引数に指定します。「名前」の列は 2 番目なので次のように入力します。

=VLOOKUP(B8,B3:E5,2
25

第 4 引数 (検索の型)

FALSE を指定します。

=VLOOKUP(B8,B3:E5,2,FALSE)

FALSE を指定すると検索する値に一致するデータがあるときに値を取得します。TRUE や省略すると一致しなくても近いデータを取得します。通常は一致するときだけデータを取得したいので FALSE を指定します。

使用例

「No.」を検索して「名前」を取得します。

=VLOOKUP(B8,B3:E5,2,FALSE)
26

「名前」を検索して「個数」を取得します。

=VLOOKUP(B8,C3:E5,3,FALSE)
27

ここまで読んでいただけると、何を検索してどの範囲から何番目のデータを取得するか、わかるようになっていると思います。

別シートの参照

別シートにあるデータから値を取得するにはどうすればいいか解説します。

取得する値が別シートにあるときの参照方法はシート名!セル名を入力します。セル名の前にシート名!を付けると、そのシートのセルを参照できます。

シート「Sheet1」に VLOOKUP 関数を入力するセルがあります。

28

シート「Sheet2」に取得したいデータの範囲があります。

29

シート「Sheet2」のセルを参照するにはSheet2!B3:E5を入力します。

シート「Sheet1」に入力した「No.」をシート「Sheet2」から検索して「名前」を取得しています。

=VLOOKUP(B3,Sheet2!B3:E5,2,FALSE)
30

複数条件

検索する値が一つだと複数の項目と一致してしまうときにどうすればいいのか解説します。

次のようなデータがあります。「名前」から「個数」を取得するときに、一致するデータが複数あるため一つに絞り込めません。

31

こういうときは検索する値を複数にします。今回は「名前」と「バージョン」の二つを検索します。複数条件に対応するために検索専用列を作成します。この列には「名前」と「バージョン」を結合した値を入力します。

=C3&D3
32

VLOOKUP 関数の第 1 引数に検索する「名前」と「バージョン」を結合した値を入力します。

=VLOOKUP(B9&C9
33

検索専用列を第 2 引数の範囲に含めると複数条件に対応できます。

=VLOOKUP(B9&C9,B3:E6,4,FALSE)
34

検索専用列を見せたくないなら、列を非表示にします。

エラーの対処方法

VLOOKUP 関数の結果がエラーになってしまうときにどうすればいいのか解説します。

エラーになる原因は検索した値が見つからないときと、検索値が空のときです。

「No.」の 10 を検索しても 10 が見つからないとエラーになります。検索値が空のときもエラーになります。

35

エラーになるときに何も表示しないようにするには、「IF 関数」と「ISERROR 関数」を使用します。エラーになるときは空文字にします。

=IF(ISERROR(VLOOKUP(B8,B3:E5,4,FALSE)),"",VLOOKUP(B8,B3:E5,4,FALSE))
36

「ISERROR 関数」で VLOOKUP 関数の結果がエラーになるか判定しています。

ISERROR(VLOOKUP)

IF 関数」で「ISERROR 関数」の結果が TRUE つまりエラーなら空文字 "" にします。FALSE ならもう一度 VLOOKUP 関数を使用して値を取得します。

=IF(ISERROR(VLOOKUP),"",VLOOKUP)

関連ページ