サイトについて      連絡先   検索
Facebook: パソコンスマホアプリへ

Facebook タグ付けさせないようにして削除する

はじめに

Facebook フェイスブックで勝手にタグ付けさせないようする、または削除する方法を画像付きで紹介します。

自分がタグ付けされるのを禁止することはできません。

タグ付けされたときに通知してタイムラインに表示するのを拒否できます。

スマホアプリでの操作は「アプリでタグ付けさせないようにする」をご覧ください。

タグ付けさせないようにする

Facebook サイト」を開いて [▼] をクリックして [設定] をクリックします。

10

[タイムラインとタグ付け] をクリックします。

17

[自分がタグ付けされた投稿を・・・] と [他の人があなたの投稿に追加したタグを・・・] をクリックします。

18

両方の設定を [オン] にします。

13

タグ付けされたとき

タグ付けされたときに [お知らせ] が来るのでクリックします。

15

タグ付けされた投稿をタイムラインに表示してもいいかどうかを選択できるようになります。許可するなら [タイムラインに追加] をクリックします。タイムラインに表示するとその友達にも表示されます。それを次の設定で自分のみにできます。

20

タイムラインから非表示にしても、タグ付けが削除されるわけではありません。また元の投稿が削除されるわけでもありません。

タグ付けを禁止する設定はありません。タグ付けを削除すると、その投稿には同じ人をタグ付けできなくなります。

タグ付けの公開範囲を制限する

[タイムラインとタグ付け] をクリックします。

17

タグ付けの設定をクリックして [自分のみ] と [非公開] にします。

19

タグ付けされた人は必ずその投稿を見ることができます。通常はその友達も見れます。それを、その友達は見れないようにできます。

タグ付けを削除する

タグ付けされた人が、その投稿の [・・・] をクリックして [タグを削除] をクリックします。

21

[OK] をクリックします。

22

投稿のタグや写真に付けられたタグを削除できます。削除すると同じ人をその投稿にタグ付けできなくなります。元の公開範囲にタグ付けされた人が含まれていないときは、タグ付けを削除するとその投稿を見れなくなります。