寝不足の症状とは

はじめに

寝不足の症状とはを紹介します。

寝不足の状態が続くと不眠症になる可能性があります。

十分な睡眠時間をとって、寝不足にならないようにすることが大切です。

  • 目次
    • 寝不足診断
    • 寝不足の症状

寝不足診断

次の項目の中で、当てはまるものがあると寝不足の可能性があります。

  • 一回の目覚ましで起きられない
  • 布団から出るのに時間がかかる
  • 午後にだるくなる
  • 仕事の会議中などに眠くなる

特に睡眠時間が7時間より短いなら寝不足の恐れがあります。

寝不足の症状

寝不足になると体に悪影響があります。

  • 疲れを感じる
  • やる気がなくなる
  • イライラする
  • ミスしやすくなる
  • 反応が鈍くなる
  • 頭痛がする
  • めまいがする
  • 風邪などにかかりやすくなる
  • 体重が増える
  • 病気のリスクが高くなる

これ以外にもっとありますが、どれも健康上良くないことばかりです。

寝不足を解消するには十分な睡眠時間をとること、昼寝をすることが大切です。