Twitter DM の既読機能を無効にする

はじめに

Twitter アプリやブラウザからダイレクトメッセージの既読機能を無効にする方法を紹介します。

ダイレクトメッセージを読むと相手にそのことがわかるようになっています。

どちらかが無効にするとお互いに既読になったかわからなくなります。

ダイレクトメッセージを送るには「ダイレクトメッセージの送り方」をご覧ください。
公式のヘルプの説明は「ダイレクトメッセージの既読通知をオフにするには」をご覧ください。
  • 目次
    • アプリから既読機能を無効にする
    • ブラウザから既読機能を無効にする

アプリから既読機能を無効にする

iPhone, Android ともに同じ操作です。

Twitter アプリを開きアカウントの [アイコン] をタップするか、左側から右へスワイプします。

icon-3

[設定とプライバシー] をタップします。

settings

[プライバシー] をタップします。

s-privacy

[ダイレクトメッセージ] をタップします。

i59

または [メッセージ] タブをタップして

i17

[歯車] をタップします。

i18

どちらの方法でも [既読通知を表示] をオフ (無色) にします。

i19

設定が完了しました。

自分が送ったダイレクトメッセージが読まれても、チェックマークに色が付かなくなります。自分がメッセージを読んだことが相手に伝わらなくなります。

無効の状態:チェックが無色。

a18

有効の状態:読まれるとチェックが色付き。

a19

ブラウザから既読機能を無効にする

Twitter ウェブサイト」を開きます。

  • パソコン:ページ左側にある [もっと見る] をクリックし [設定とプライバシー] をクリックします。
    setting-2
  • スマートフォン:[アカウントのアイコン] をタップして [設定とプライバシー] をタップします。
    icon setting-2

[プライバシーとセキュリティ] をクリックします。

privacy-security

[ダイレクトメッセージ] をクリックします。

s11

[既読通知を表示] のチェックを外します。

s12

これで相手にメッセージを読んだことが伝わらなくなります。同様に送信したメッセージを相手が読んだかもわからなくなります。

無効の状態:チェックが無色。

16

有効の状態:チェックに色が付く。

17