Twitter ミュートワードを通知しない

はじめに

Twitter アプリやブラウザからミュートワードを通知しない方法を紹介します。

不快な単語が入ったツイートを、通知タブやプッシュ通知などすべて通知されなくなります。

タイムラインなどにはそのキーワードが含まれていても表示されます。

特定のユーザーからのツイートをすべてミュートにするには「ミュートにする」をご覧ください。
公式のヘルプの説明は「ミュートの詳細設定オプションを使用する方法」をご覧ください。
  • 目次
    • アプリからミュートワードを設定する
    • ブラウザからミュートワードを設定する
    • ミュートできるキーワードの詳細

アプリからミュートワードを設定する

iPhone, Android ともに同じ操作です。

Twitter アプリを開きアカウントの [アイコン] をタップするか、左側から右へスワイプします。

ミュートワードの設定

icon-3

[設定とプライバシー] をタップします。

settings

[プライバシー] をタップします。

s-privacy

[ミュートとブロック] をタップします。

i31

[ミュートするキーワード] をタップします。

i32
  • iPhone:[追加する] をタップします。
  • Android:[+] をタップします。
i33

[キーワード] を入力して [保存] をタップします。ここから詳細な設定もできます。

i34

これで、このキーワードを含むツイートは通知されなくなります。

i35

ミュートを解除

  • iPhone:[編集] をタップします。
  • Android:[…] から [編集] をタップします。
i36

解除したい [キーワード] を全てタップしてチェックしたら

  • iPhone:[削除] をタップします。
  • Android:[ゴミ箱] アイコンをタップします。
i37

[キーワードを削除] をタップします。

i38

ミュートが解除されます。

ブラウザからミュートワードを設定する

Twitter ウェブサイト」を開きます。

ミュートワードの設定

  • パソコン:ページ左側にある [もっと見る] をクリックし [設定とプライバシー] をクリックします。
    setting-2
  • スマートフォン:[アカウントのアイコン] をタップして [設定とプライバシー] をタップします。
    icon setting-2

[プライバシーとセキュリティ] をクリックします。

privacy-security

[ミュートとブロック] をクリックします。

s28

[ミュートするキーワード] をクリックします。

s29

[+] をクリックします。

s25

[キーワード] を入力して [保存] をクリックします。ミュートにする対象や期間の設定もできます。

s20

そのキーワードが含むツイートが通知されなくなります。

s26

ミュートを解除

[ミュート] アイコンをクリックします。

s27
  • スマートフォン:[ミュートを解除] をタップします。
s30

ミュート設定が解除されます。

ミュートできるキーワードの詳細

次の種類をミュートできます。

キーワード

昨日 をミュートすると、「昨日の天気」のようなツイートをミュートできます。しかし をミュートにしても「昨日の天気」は通知されます。同じ文字が使われていればミュートされるわけではありません。単語として同じかどうかで判定されているようです。

キーワードをミュートすると、同時にハッシュタグの #昨日 もミュートされます。

絵文字もミュートできます。

文章

昨日の天気 のように文章をミュートできます。

ユーザー名

@tipsfound をミュートすると、そのユーザー宛てのツイートをミュートできます。

ハッシュタグ

#昨日 のようにハッシュタグをミュートできます。