Twitter 特定のキーワードの通知をミュートにする

はじめに

iPhone アプリAndroid アプリパソコンサイトモバイルサイト:選択

Twitter で特定のキーワードの通知をミュートにする方法を紹介します。

不快な単語が入ったツイートを、通知タブやプッシュ通知などすべて通知されなくなります。

タイムラインなどにはそのキーワードが含まれていても表示されます。

特定のユーザーからのツイートをすべてミュートにするには「ユーザーをミュートにする」をご覧ください。
公式のヘルプの説明は「ミュートの詳細設定オプションを使用する方法」をご覧ください。

パソコンからキーワードの通知をミュートにする

Twitter パソコンサイト」を開きます。

キーワードの通知をミュート

ページ左側にある [もっと見る] をクリックし [設定とプライバシー] をクリックします。

setting-2

[プライバシーとセキュリティ] をクリックします。

privacy-security

[ミュートとブロック] をクリックします。

s28

[ミュートするキーワード] をクリックします。

s29

[+] をクリックします。

s25

[キーワード] を入力して [保存] をクリックします。ミュートにする対象や期間の設定もできます。

s20

そのキーワードが含むツイートが通知されなくなります。

s26

ミュートを解除

[ミュート] アイコンをクリックします。

s27

ミュート設定が解除されます。

  • 目次
    • スマートフォンからキーワードの通知をミュートにする
    • ミュートできるキーワードの詳細

スマートフォンからキーワードの通知をミュートにする

Twitter モバイルサイト」を開きます。

キーワードの通知をミュート

[アカウントのアイコン] をタップします。

icon

[設定とプライバシー] をタップします。

setting-2

[プライバシーとセキュリティ] をタップします。

privacy-security

[ミュートとブロック] をタップします。

s28

[ミュートするキーワード] をタップします。

s29

[+] をタップします。

s25

[キーワード] を入力して [保存] をタップします。ミュートにする対象や期間の設定もできます。

s20

そのキーワードが含むツイートが通知されなくなります。

s26

ミュートを解除

[ミュート] アイコンをタップします。

s27

[ミュートを解除] をタップします。

s30

ミュート設定が解除されます。

ミュートできるキーワードの詳細

次の種類をミュートできます。

キーワード

昨日をミュートすると、「昨日の天気」のようなツイートをミュートできます。しかしをミュートにしても「昨日の天気」は通知されます。同じ文字が使われていればミュートされるわけではありません。単語として同じかどうかで判定されているようです。

キーワードをミュートすると、同時にハッシュタグの#昨日もミュートされます。

絵文字もミュートできます。

文章

昨日の天気のように文章をミュートできます。

ユーザー名

@tipsfoundをミュートすると、そのユーザー宛てのツイートをミュートできます。

ハッシュタグ

#昨日のようにハッシュタグをミュートできます。

  • 目次
    • スマートフォンからキーワードの通知をミュートにする
    • ミュートできるキーワードの詳細