Twitter アプリから QR コードでフォローする

はじめに

Twitter アプリ (iPhone, Android) から QR コードでフォローする方法を紹介します。

QR コードを使うと相手のユーザー名を入力しなくてもカメラで映すだけでフォローできます。

ユーザー名を変更すると、古い QR コードが無効になります。ウェブサイトからは使用できません。

フォローについて詳しくは「アプリからフォローする」をご覧ください。
  • 目次
    • アプリから QR コードでフォローする

アプリから QR コードでフォローする

iPhone, Android ともに同じ操作です。

相手の QR コードを使ってその人をフォローできます。

Twitter アプリを開きアカウントの [アイコン] をタップするか、左側から右へスワイプします。

icon-3

[QRコード] アイコンをタップします。

i23

[QRスキャナー] アイコンをタップします。

i19

スマホのカメラで枠の中にフォローしたい人の [QRコード] を映します。

相手の QR コードの画像を持っている人は [画像] アイコンをタップして、その画像を選択してもできます。

スマホのカメラで映すので相手のスマホに QR コードを表示させたり、印刷された QR コードが必要です。
i15

成功すると、その人のプロフィールが表示されるので [フォローする] をタップします。

i24

これで QR コードからフォローできます。

自分の QRコードを表示

自分の QR コードを表示したりツイートしたりできます。

アカウントの [アイコン] をタップするか、左側から右へスワイプします。

icon-3

[QRコード] アイコンをタップします。

i23

QR コードが表示されます。この画面を相手の QRスキャナーに見せてフォローしてもらえます。

[共有] アイコンをタップして、QR コードを保存やツイートできます。

i25

ツイートすると QR コードを画像としてツイートできます。