サイトについて      連絡先   検索

VBA の使い方、開発環境を整える

はじめに

Excel VBA マクロを開発する手順や開発環境の使い方をまとめて紹介します。

既定でマクロは無効になっています。有効にすると VBA の開発と実行が行えます。

開発環境の操作方法も紹介します。

古いバージョンを使用している方は・2007 へ2003 へ

  • 目次
    • マクロを有効にする
    • 開発環境を表示する
    • ウィンドウを表示する
    • 変数の宣言を強制する
    • コードをマウスホイールでスクロールする
    • コードの行番号を表示する

マクロを有効にする

マクロは悪意のあるコードも実行できます。信用できないファイルを開いたときに勝手に実行されないように既定で無効になっています。

VBA の開発や実行するにはマクロを有効にします。

[ファイル] をクリックして [オプション] をクリックします。

63

「セキュリティ センター」をクリックして [セキュリティ センターの設定] をクリックします。

64

[マクロの設定] をクリックし、[すべてのマクロを有効にする] を選択して [OK] をクリックします。

65

これでマクロが実行できる状態になります。

開発環境を表示する

開発タブを表示

[タブ] を右クリックして [リボンのユーザー設定] をクリックします。

66

メインタブにある [開発] をチェックして [OK] をクリックします。

67

開発タブが表示されます。

68

開発環境を開く

[開発] タブをクリックして [Visual Basic] をクリックします。

77

これが VBA の開発環境で Visual Basic Editor と言います。略して VBE と表記します。

62

ウィンドウを表示する

「プロジェクト エクスプローラ」、「プロパティ ウィンドウ」、「コード」のウィンドウを表示します。既に表示されていると思います。

表示されていないときは [表示] から [それぞれ] をクリックして表示します。

69

変数の宣言を強制する

変数の宣言を強制すると、変数名の入力ミスによる不具合を防げます。

[ツール] から [オプション] をクリックします。

73

[変数の宣言を強制する] をチェックして [OK] をクリックします。

74

この後に新しいコードを表示すると、コードの先頭にOption Explicitが追加されます。この一行があると、このコードで変数の宣言が強制されます。既存のコードに勝手に追加されたりはしないので、そのときは手入力します。

Option Explicitの一行を削除すると強制されなくなります。上記の設定はこの一行を追加する設定です。

75

宣言していない変数を使用していると、実行したときにエラーになります。

76

コードをマウスホイールでスクロールする

VBA のコードをマウスホイールでスクロールできないときは、アドイン「VB6MouseWheel.EXE」でスクロールできます。

コードの行番号を表示する

標準で VBA のコードの行番号は表示できませんが、有志の方が作成したアドイン「AddLineNumbers」で表示できます。

AddLineNumbers は公式のアドインではないため、環境によっては予期せぬ動作が起こるかもしれないことに注意してください。
  • 目次
    • マクロを有効にする
    • 開発環境を表示する
    • ウィンドウを表示する
    • 変数の宣言を強制する
    • コードをマウスホイールでスクロールする
    • コードの行番号を表示する