サイトについて      連絡先   検索

VBA の作成と実行

はじめに

Excel VBA マクロの作成と実行する方法について紹介します。

VBA を開発、実行するにはマクロを有効にする必要があります。ボタンやマクロを選択するなど、実行する方法を紹介します。

ここに記載されている内容は「使い方」と「入門とまとめ」のページから、実行するための手順を抜粋したものです。

古いバージョンを使用している方は・2007 へ2003 へ

  • 目次
    • マクロを有効にする
    • 開発環境を表示する
    • コードを作成する
    • マクロを記録する
    • VBA マクロを実行する
    • コンパイル

マクロを有効にする

マクロは悪意のあるコードも実行できます。信用できないファイルを開いたときに勝手に実行されないように既定で無効になっています。

VBA の開発や実行するにはマクロを有効にします。

[ファイル] をクリックして [オプション] をクリックします。

63

「セキュリティ センター」をクリックして [セキュリティ センターの設定] をクリックします。

64

[マクロの設定] をクリックし、[すべてのマクロを有効にする] を選択して [OK] をクリックします。

65

これでマクロが実行できる状態になります。

開発環境を表示する

開発タブを表示

[タブ] を右クリックして [リボンのユーザー設定] をクリックします。

66

メインタブにある [開発] をチェックして [OK] をクリックします。

67

開発タブが表示されます。

68

開発環境を開く

[開発] タブをクリックして [Visual Basic] をクリックします。

77

これが VBA の開発環境で Visual Basic Editor と言います。略して VBE と表記します。

62

コードを作成する

プロジェクト ウィンドウから [ワークシート] や [標準モジュール] など、コードを入力したい [ファイル] をダブルクリックします。Sheet1 に対して操作をしたいなら Sheet1 にコードを入力します。

75

挿入タブから標準モジュールやクラスを追加できます。初めのうちは使わなくて大丈夫です。

76

コードを表示したら Sub 関数を作成します。これが VBA で最初に実行されるコードになります。この関数の中に実行したいコードを入力していきます。

77

マクロを記録する

エクセルの「マクロの記録」機能を使うと、エクセルの操作を自動で VBA のコードに出力してくれます。VBA がわからない方でもマクロを使えるようになります。

[開発] タブをクリックして [マクロの記録] をクリックします。

88

[マクロ名] を入力して [OK] をクリックします。

78

セルに文字や数値を入力します。この操作が記録されています。

79

マクロの記録を終了するときは、[記録終了] をクリックします。

89

標準モジュールが追加されます。マクロ名の Sub 関数が作成され、その中に記録した操作が出力されます。

80

VBA マクロを実行する

上記の方法で作成したコードを実行する方法を紹介します。主に次の 3 つのやり方があります。

VBE から実行する

この方法は開発時に手軽に実行できます。

実行したい [関数] をクリックします。キャレットがある関数が実行する関数になります。

81

F5キーを入力して実行できます。またはツールバーや [実行] から [Sub/ユーザーフォームの実行] をクリックします。

82

クリックした関数が実行されます。

マクロを選択して実行する

この方法はエクセルの画面から実行できます。

[関数] タブから [マクロ] をクリックします。

90

または、関数以外の [場所] をクリックして実行します。

83

実行したい [マクロ] をクリックして [実行] をクリックします。

ここに表示されるのは VBA の Sub 関数と「マクロを記録」で作成したマクロです。
84

選択したマクロが実行されます。

ボタンから実行する

この方法はボタンなどのコントロールを操作して実行できます。

[開発] タブから [挿入] をクリックして ActiveX コントロールの [コマンド ボタン] をクリックします。

91

[シート] にドラッグしてボタンを貼り付けます。その [ボタン] をダブルクリックします。

41

イベントが作成されます。これはそのボタンをクリックしたときに実行されます。

85

[デザイン モード] をクリックしてオフの状態にします。

92

ボタンをクリックすると、イベントが発生してその処理が実行されます。

44

コンパイル

コンパイルするとコード全体を構文チェックします。関数名を間違えて入力しているなど、不正なコードがあるとエラーで教えてくれます。

[デバッグ] から [VBAProject のコンパイル] をクリックします。

86

コンパイルされます。一度コンパイルすると、コードを編集するまでコンパイルできなくなります。

コンパイルしなくても実行されるコードは、その時に自動でコンパイルされます。コンパイルすると実行する前にエラーがわかります。

  • 目次
    • マクロを有効にする
    • 開発環境を表示する
    • コードを作成する
    • マクロを記録する
    • VBA マクロを実行する
    • コンパイル