VBA マクロのコードを表示させないようにする

はじめに

Excel VBA マクロのコードを表示させないようにする方法を紹介します。

ユーザーに VBA のコードを見せたくないとき、編集させたくないときにロックできます。VBA の開発環境は表示できます。

ツール > VBAProject のプロパティ > 保護タブ から、VBA のコードにパスワードをかけてロックできます。

エクセルを保存して再び表示したときにロックが有効になります。

VBA マクロを削除するには「マクロを削除する」をご覧ください。
  • 目次
    • VBA マクロのコードを表示させない
    • コードのロックを解除する

VBA マクロのコードを表示させない

VBA のコードを編集や表示させないようにパスワードをかけてロックできます。

[ツール] から [VBAProject のプロパティ] をクリックします。

1

[保護] タブをクリックします。[プロジェクトを表示用にロックする] をチェックし、[パスワード] を入力したら [OK] をクリックします。

パスワードは大文字と小文字を区別します。
2

エクセルを保存してから閉じます。再び開いたときに有効になります。

エクセルを開いて VBA のコードを表示すると、コードウィンドウが閉じた状態になります。コードを表示するには [プロジェクト] をダブルクリックします。

3

[パスワード] を入力して [OK] をクリックします。

4

VBA のコードが表示されます。

コードのロックを解除する

[ツール] から [VBAProject のプロパティ] をクリックします。

1

[パスワード] を入力して [OK] をクリックします。

4

[保護] タブをクリックします。[プロジェクトを表示用にロックする] のチェックを外し、[パスワード] を空にしたら [OK] をクリックします。

5

エクセルを保存したらロックが解除されます。