サイトについて      連絡先   検索

VBA Fix 関数

はじめに

Excel VBA マクロの Fix 関数を紹介します。

Fix 関数は、指定した数値の整数部を返します。

小数を切り捨てて整数だけを取得したいときに使用します。

  • 目次
    • 構文
    • 解説
    • 使用例

構文

Fix(数値)
数値の小数を切り捨てます。

引数「数値」数値を指定します。
戻り値の型引数「数値」の型

解説

引数「数値」の小数部を単純に切り捨てます。

引数「数値」が正の値1.1 ~ 1.9なら1を返します。

引数「数値」が負の値-1.1 ~ -1.9なら-1を返します。

Int 関数」も同様の結果を返します。負の値のときに違いがあります。

整数の切り捨てもできます。

\ 演算子と同じように割り算の商を求めるのに使用できます。

使用例


Dim i As Integer

i = Fix(12)
Debug.Print(i) ' 12

i = Fix(12.345)
Debug.Print(i) ' 12

i = Fix(0.1)
Debug.Print(i) ' 0
i = Int(0.1)
Debug.Print(i) ' 0

i = Fix(-0.1)
Debug.Print(i) ' 0
i = Int(-0.1)
Debug.Print(i) ' -1

整数の桁を切り捨てる。


Const num As Integer = 1234
Dim i As Integer

i = Fix(num / 10) * 10
Debug.Print(i) ' 1230
  
i = Fix(num / 100) * 100
Debug.Print(i) ' 1200
  
i = Fix(num / 1000) * 1000
Debug.Print(i) ' 1000

商と余りを求める。


Dim i As Integer
  
i = Fix(5 / 3) ' 商 5 \ 3 と同じ
Debug.Print(i) ' 1 

i = 5 Mod 3    ' 余り
Debug.Print(i) ' 2 

i = Fix(-5 / 3) ' 商
Debug.Print(i)  ' -1 
  
i = -5 Mod 3    ' 余り
Debug.Print(i)  ' -2 
  • 目次
    • 構文
    • 解説
    • 使用例