サイトについて      連絡先   検索

VBA InputBox 関数

はじめに

Excel VBA マクロの InputBox 関数を紹介します。

InputBox 関数は、ダイアログに入力した文字列を返します。

ユーザーに入力させたいときに使用します。

  • 目次
    • 構文
    • 解説
    • 使用例

構文

InputBox(メッセージ)
ダイアログの説明をメッセージに指定します。入力された値を返します。

InputBox(メッセージ, タイトル, 既定値)
ダイアログのタイトル既定値を指定できます。

引数「メッセージ」画面の説明を指定します。
引数「タイトル」省略できます。ダイアログのタイトルを指定します。
引数「既定値」省略できます。入力値の既定値を指定します。
戻り値の型文字列型 (String)

解説

改行コードを含む文字列をメッセージに指定すると改行できます。

タイトルを省略すると、タイトルにアプリケーション名 (Microsoft Excel など) が表示されます。

[閉じる] ボタンや [キャンセル] ボタンをクリックしたときは、空文字 "" が返ります。

使用例


Dim s As String
s = InputBox("Tipsfound へようこそ" & vbCrLf & "このページは役に立ちましたか?")
Debug.Print(s) ' 入力した内容が表示されます。
1

Dim s As String
s = InputBox("ご自由に入力してください", "タイトル", "既定値")
Debug.Print(s) ' 入力した内容が表示されます。
2
  • 目次
    • 構文
    • 解説
    • 使用例