サイトについて      連絡先   検索

VBA IsError 関数

はじめに

Excel VBA マクロの IsError 関数を紹介します。

IsError 関数は、指定した値がエラーかどうかを判定します。

関数の戻り値やセルの値がエラーかどうかの判定に使用します。

構文

IsError()
がエラーのときは True を返します。それ以外のときは False を返します。

引数「値」判定したい値を指定します。
戻り値の型ブール型 (Boolean)

解説

CVErr 関数」を使用して取得したエラーの値を指定したときは True を返します。

セルの値が「#N/A」や「#VALUE!」などのエラー値を指定したときは True を返します。

それ以外の値や型を指定したときは False を返します。

IsError (True = "")のように VBA のエラーが発生するかどうかの判定には使用できません。

使用例


Dim b As Boolean
Dim v As Variant

b = IsError(v)
Debug.Print (b) ' False

v = CVErr(1) ' エラーを返す関数など
b = IsError(v)
Debug.Print (b) ' True

v = Cells(1, 1).Value ' #VALUE! のセル
b = IsError(v)
Debug.Print (b) ' True

b = IsError("あいう")
Debug.Print (b) ' False