サイトについて      連絡先   検索

VBA IsNull 関数

はじめに

Excel VBA マクロの IsNull 関数を紹介します。

IsNull 関数は、指定した値が Null かどうかを判定します。

データベースなどから取得した値が Null かどうかの判定に使用します。

  • 目次
    • 構文
    • 解説
    • 使用例

構文

IsNull()
が Null のときは True を返します。それ以外のときは False を返します。

引数「値」判定したい値を指定します。
戻り値の型ブール型 (Boolean)

解説

Nullとは、有効な値が含まれていないこと意味しています。主にデータベースから取得した値が空のときに設定されます。

引数「値」がNullならTrueを返します。それ以外の値ならFalseを返します。

引数「値」に空文字やEmptyvbNullvbNullCharvbNullStringが指定されたときはFalseを返します。

Nullを引数に渡すとエラーが発生する関数があります。Nullを空文字や0などに変換するとエラーの発生を防げます。

使用例


Dim b As Boolean
Dim v As Variant 

b = IsNull(v) ' 何も設定しないと Empty が入っている
Debug.Print(b) ' False

v = Null
b = IsNull(v)
Debug.Print(b) ' True

v = Empty
b = IsNull(v)
Debug.Print(b) ' False

Set v = Nothing
b = IsNull(v)
Debug.Print(b) ' False

Dim i As Integer
b = IsNull(i)
Debug.Print(b) ' False

Dim s As String
b = IsNull(s)
Debug.Print(b) ' False

Null を別の値にする。


Dim v As Variant
v = Null ' データベースから値を取得する処理

Dim i As Integer
' i = Len(v) ' Null が入っているとエラーになる

If IsNull(v) Then
    v = "" ' Null なら空文字にする
End If

i = Len(v) ' 取得した値が Null でも別の値でも正常に処理が行われる
  • 目次
    • 構文
    • 解説
    • 使用例