VBA LCase 関数:大文字を小文字に変換する

はじめに

Excel VBA マクロの LCase 関数から大文字を小文字に変換する方法を紹介します。

LCase 関数は、文字列を小文字に変換します。

ABC なら abc を返します。

アルファベットをすべて小文字に変換したいときに使用します。

大文字小文字、全角半角、ひらがなカタカナなどに変換したいときは「StrConv 関数」を使用します。
文字列を変換するには「文字列を変換する」をご覧ください。
  • 目次
    • LCase 関数
    • 解説
    • 使用例

LCase 関数

LCase(文字列)
文字列を小文字に変換します。

引数「文字列」文字列を指定します。
戻り値の型文字列型 (String)

解説

引数「文字列」が大文字の ABC なら小文字の abc に変換します。

それ以外のひらがなやカタカナなどはそのまま返します。

大文字や全角、半角などに変換するには「StrConv 関数」を使用します。

大文字と小文字などを区別しないで比較するには「StrComp 関数」を使用します。

使用例

大文字を小文字に変換する。

Dim s As String
s = LCase("ABC")
Debug.Print(s) ' abc

s = LCase("abc")
Debug.Print(s) ' abc

s = LCase("あいう")
Debug.Print(s) ' あいう

s = LCase("Abc あい アイ 123")
Debug.Print(s) ' abc あい アイ 123

StrConv 関数

StrConv 関数」を使用して、同じように小文字に変換できます。

Dim s As String
s = StrConv("ABC", vbLowerCase)
Debug.Print(s) ' abc

s = StrConv("abc", vbUpperCase)
Debug.Print(s) ' ABC