サイトについて      連絡先   検索

VBA Rgb 関数

はじめに

Excel VBA マクロの Rgb 関数を紹介します。

Rgb 関数は、RGB で示す色の値を返します。

セルの文字色や背景色を変更するときに使用します。

  • 目次
    • 構文
    • 解説
    • 使用例

構文

Rgb(R, G, B)
RGBの色を取得します。

引数「R」赤の値を指定します。
引数「G」緑の値を指定します。
引数「B」青の値を指定します。
戻り値の型数値型 (Long)

解説

引数「R」,「G」,「B」 はそれぞれ0 ~ 255の範囲で指定します。

0に近いほど色が薄くなり、255に近いほど色が濃くなります。すべて0なら黒色、すべて255なら白色になります。

主な色は ColorConstants クラスに値が定義されています。

定数
vbBlack
vbRed
vbGreen
vbYellow
vbBlue
vbMagentaマゼンタ
vbCyanシアン
vbWhite

Windows のペイントでも RGB で色の指定ができるので、そちらでどんな色になるか確認できます。

使用例


' セルの文字色を赤にする
Range("A1").Font.Color = RGB(255, 0, 0)

' セルの背景色を緑にする
Range("A1").Interior.Color = RGB(0, 255, 0)

' システムカラーで色を指定する
Range("A1").Interior.Color = vbCyan

色から RGB を取得する。


Dim c As Long
c = RGB(10, 20, 30)

' R
Dim r As Long
r = c And &HFF
Debug.Print(r) ' 10

' G
Dim g As Long
g = c And 65280
g = g \ (2 ^ 8) ' 8 桁右へシフト
Debug.Print(g) ' 20

' B
Dim b As Long
b = c And &HFF0000
b = b \ (2 ^ 16) ' 16 桁右へシフト
Debug.Print(b) ' 30
  • 目次
    • 構文
    • 解説
    • 使用例