VBA RTrim 関数:最後の空白を削除する

はじめに

Excel VBA マクロの RTrim 関数から最後の空白を削除する方法を紹介します。

RTrim 関数は、文字列の最後の空白 (スペース) を取り除いて返します。

  ABC   なら   ABC を返します。

文字列の後ろの空白を削除したいときに使用します。

先頭の空白を削除するには「LTrim 関数」を使用します。
前後の空白を削除するには「Trim 関数」を使用します。
空白を置換するには「文字列を置換する」をご覧ください。
  • 目次
    • RTrim 関数
    • 解説
    • 使用例

RTrim 関数

RTrim(文字列)
文字列の末尾の空白を削除します。

引数「文字列」文字列を指定します。
戻り値の型文字列型 (String)

解説

引数「文字列」の最後にある半角スペースと全角スペースの空白を削除します。

空白が連続してあるときはすべて削除します。

引数「文字列」の先頭や間にある空白は削除されません。

引数「文字列」に空白が含まれていないときはそのまま返します。

使用例

最後の空白を削除する。

Dim s As String
s = RTrim("  ABC  ") ' 半角と全角スペース
Debug.Print(s) ' "  ABC"

s = RTrim("A B C")
Debug.Print(s) ' "A B C"

LTrim 関数」や「Trim 関数」を使用して、先頭や前後の空白を削除できます。

Dim s As String
s = LTrim(" A B C ")
Debug.Print(s) ' "A B C  "

s = Trim(" A B C ")
Debug.Print(s) ' "A B C"

s = RTrim(" A B C ")
Debug.Print(s) ' " A B C"