サイトについて      連絡先   検索

VBA Space 関数

はじめに

Excel VBA マクロの Space 関数を紹介します。

Space 関数は、指定した数のスペースを返します。

文字列を整形するためにスペースを出力したいときなどに使用します。

構文

Space(数)

名前 説明
引数「数」スペースの数を指定します。
戻り値文字列型 (String)

解説

スペースは半角スペースです。

引数「数」に負の値を渡すとエラーが発生します。

文字列の長さを取得するには「Len 関数」を使用します。これを使用して 10 文字未満の文字列を必ず 10 文字になるようにスペースを挿入することができます。

使用例


Dim s As String

s = Space(1)
Debug.Print(s) ' " "

s = Space(2)
Debug.Print(s) ' "  "

必ず 10 文字にする


Dim s As String

s = "12345"
s = s & Space(10 - Len(s))
Debug.Print(s) ' "12345     "