サイトについて      連絡先   検索

VBA StrReverse 関数

はじめに

Excel VBA マクロの StrReverse 関数を紹介します。

StrReverse 関数は、指定した文字列の並びを逆にした文字列を返します。

文字列を反転したいときに使用します。

  • 目次
    • 構文
    • 解説
    • 使用例

構文

StrReverse(文字列)
文字列の並びを反転します。

引数「文字列」文字列を指定します。
戻り値の型文字列型 (String)

解説

引数「文字列」がabcならcbaを返します。

引数「文字列」が空文字""なら空文字を返します。

文字列の先頭から何かする処理を、後ろから処理したいときに使用できます。

使用例


Dim s As String

s = StrReverse("あいう")
Debug.Print(s) ' ういあ

s = StrReverse("abc")
Debug.Print(s) ' cba

s = StrReverse("-1,234")
Debug.Print(s) ' 432,1-

s = StrReverse("")
Debug.Print(s) ' ""

文字列を後ろから取得する。


Dim 反転 As String
反転 = StrReverse("123456789")

Dim s As String

Dim i As Integer
For i = 1 To Len(反転)
    s = Mid(反転, i, 1)
    Debug.Print(s) ' 9 8 7 6 5 4 3 2 1
Next
  • 目次
    • 構文
    • 解説
    • 使用例