サイトについて      連絡先   検索

VBA 行を選択する

はじめに

Excel VBA マクロの行を選択する方法を紹介します。

Rows.Select メソッドまたは Range.Select メソッドから行を選択できます。

選択している行を取得したり解除できます。

  • 目次
    • 行を選択する
    • 選択されているセルを取得する
    • 行の選択を解除する
    • 行の範囲を選択する
    • 指定したシートの行を選択する

行を選択する

行番号で選択

Rows の引数に行番号を指定すると、その行を選択できます。

行「2」を選択するにはRows(2).Selectを入力します。


Rows(2).Select  ' 2 行目
1

セル名で選択

Range の引数にセル名を指定すると、そのセルを取得できます。EntireRow からその行を取得できます。

セル「B2」の行を選択するにはRange("B2").EntireRow.Selectを入力します。


Range("B2").EntireRow.Select
2

選択されているセルを取得する

選択しているセルを取得するにはSelectionを入力します。

行が選択されていると、その行を取得できます。


Dim c As Range
Set c = Selection
Debug.Print(c.Row)

行の選択を解除する

行の選択を解除する方法はありません。Excel でもそのような操作は存在しません。どこか 1 つのセルを選択します。


Range("A1").Select

行の範囲を選択する

行の範囲を選択

行の範囲「2 ~ 3」を選択するにはRange("2:3").Selectを入力します。


Range("2:3").Select ' 2 ~ 3 行目を選択
Range("5:5").Select ' 5 行目を選択
4

離れた行を選択

行「1」と「3 ~ 4」を選択するにはRange("1:1, 3:4").Selectを入力します。


Range("1:1, 3:4").Select

またはUnion(Range("1:1"), Range("3:4")).Selectを入力します。

Union を使用すると、取得したセルと別のセルを組み合わせた範囲を取得できます。


Dim r As Range
Set r = Union(Range("1:1"), Range("3:4")) ' 1 行目と 3 ~ 4 行目
Set r = Union(r, Range("6:6"))            ' 1 行目と 3 ~ 4 行目 と 6 行目
r.Select

指定したシートの行を選択する

アクティブシートの行だけを選択できます。その他のシートに対して行うとエラーが発生します。

シートを指定するには Worksheets の引数にシート名またはインデックスを指定します。

Sheet1 を指定するにはWorksheets("Sheet1")またはWorksheets(1)を入力します。

sheet1

' Sheet1 の行を選択
Worksheets("Sheet1").Activate
Worksheets("Sheet1").Rows(1).Select
Worksheets(1).Activate
Worksheets(1).Rows(1).Select

' Sheet2 の行を選択
Worksheets("Sheet2").Activate
Worksheets("Sheet2").Rows(1).Select
Worksheets(2).Activate
Worksheets(2).Rows(1).Select

Sheet1 に Rows を入力すると、自身のシートの行になります。自身を表すMe.が省略されています。


' どちらも同じコード
Dim r As Range
Set r = Rows(1)
Set r = Me.Rows(1)

標準モジュールに Rows を入力すると、アクティブなシートの行になります。アクティブシートを表すActiveSheet.が省略されています。


' どちらも同じコード
Dim r As Range
Set r = Rows(1)
Set r = ActiveSheet.Rows(1)
  • 目次
    • 行を選択する
    • 選択されているセルを取得する
    • 行の選択を解除する
    • 行の範囲を選択する
    • 指定したシートの行を選択する