サイトについて      連絡先   検索

VBA エラー 53 ファイルが見つかりません。

はじめに

Excel VBA マクロのエラー 53 「ファイルが見つかりません。」の対処法を紹介します。

指定したパスにファイルが存在していないときに発生します。

Declare で参照している DLL が存在しなかったり、レジストリ登録されていないと発生します。

エラーの基本的な対処法は、エラー箇所の特定とその原因となったコードをデバッグします。

  • 目次
    • 解決する

解決する

パスを指定するときに、存在しないファイル名を指定すると発生します。

Declare を使用して DLL を参照しているときにそのファイルが存在しなかったり、レジストリに登録されていないと発生します。

ファイルが存在するか確認する

Open ステートメントや FileSystemObject などからファイルを指定するとき、そのパスにあるファイルが存在しないと発生します。


Open "D:\Tips.txt" For Input As #1

Set ts = fso.OpenTextFile("D:\Tips.txt", ForReading) ' FileSystemObject

ファイル名が不正なときやパスが存在しないときは「エラー 52 ファイル名または番号が不正です。」や「エラー 76 パスが見つかりません。」が発生することもあります。

エクスプローラーで存在するファイルか確認すると原因がわかります。

DLL をレジストリ登録する

Declare を使用して DLL ライブラリを使用しているとき、その DLL がレジストリ登録されていないと発生します。DLL 自体が存在していないときも発生します。


Declare Function Tips Lib "found" () As Long

確実にレジストリを解除してから再登録すると解決します。

アプリケーションをインストールしたり、他の DLL のレジストリを編集すると、レジストリ登録が解除されることがあります。

  • 目次
    • 解決する