Windows 10 フォルダの種類や列の表示を固定する

はじめに

Windows10 のフォルダの種類や列の表示を固定する方法を紹介します。

エクスプローラーで画像や音楽、動画ファイルの入ったフォルダを開いても勝手に変わることなく、常に同じ列で統一して表示できます。

すべてのフォルダの種類をまとめて変更できます。

  • 目次
    • フォルダの種類について
    • フォルダーの種類が変更されるのを無効にする
    • 列の表示を保存、固定する
    • フォルダーの種類をまとめて変更する

フォルダの種類について

フォルダの列やファイルの表示方法を、ファイルの種類に合った表示に切り替える「フォルダーの種類」という機能があります。その種類には次のものがあります。

種類を確認するには、フォルダの [空いている部分] を右クリックして [このフォルダーのカスタマイズ] をクリックします。

12

フォルダーの種類から、そのフォルダの現在の種類を確認できます。

4

「全般」なら .exe .txt .png など様々な種類のファイルが入っているとき用の表示になります。

1

「ピクチャ」なら画像ファイルが多いとき用の表示になります。

9

各「フォルダーの種類」の表示方法を好きなように変更して保存できます。同じ「フォルダーの種類」の表示方法を統一できます。

問題と解決方法

この機能の問題点は「フォルダーの種類」を Windows が勝手に切り替えることです。「ピクチャ」に設定しても、あるとき「全般」に変わってしまうことがあります。

これを解決するには、レジストリを編集して勝手に切り替わるのを無効にします。

レジストリの編集ができない方は、根本的な解決方法ではありませんが、「全般」と「ピクチャ」の両方を同じ表示にして保存すれば、勝手に切り替わっても見た目が変わることがありません。

以前は Windows の大型アップデートを適用すると、保存した設定がリセットされることがありました。リセットされたらその度に「フォルダーの種類」を設定する必要があります。

フォルダーの種類が変更されるのを無効にする

この設定をするにはレジストリを編集する必要があります。レジストリを誤って編集すると Windows の動作に問題が発生するため、それに対処できる方のみ行ってください。

無効にするとフォルダーの種類の設定がすべてリセットされます。

検索ボックスにregeditと入力して [レジストリエディター] をクリックします。

13

アドレスバーに次の [パス] を入力してEnterキーを入力します。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Local Settings\Software\Microsoft\Windows\Shell
14

Shell の中にある [BagMRU] と [Bags] を右クリックして [削除] をクリックします。

この 2 つを削除すると、フォルダーの種類がリセットされます。
15

[はい] をクリックします。

16

[Shell] を右クリックして [新規] から [キー] をクリックします。

17

Bagsを入力します。

18

同じようにして [Bags] の中にAllFoldersキーを作成します。

その [AllFolders] の中にShellキーを作成します。

その [Shell] を右クリックして [新規] から [文字列値] をクリックします。

19

FolderTypeを入力します。

その [FolderType] を右クリックして [修正] をクリックします。

20

値のデータにNotSpecifiedを入力して [OK] をクリックします。

21

このような状態になったら閉じます。

22

これで Windows がフォルダーの種類を勝手に変更するのを無効にできます。

列の表示を保存、固定する

フォルダーの種類の表示を保存 (固定) する方法を紹介します。

どの [フォルダー] でもいいので開いて、 [空いている部分] を右クリックして [このフォルダーのカスタマイズ] をクリックします。

12

フォルダーの種類から保存したい [種類] を選択して [OK] をクリックします。ここでは [全般] を選択します。

レジストリを編集して無効にしていないときは、フォルダーの種類を変更すると Windows が元の種類に戻す可能性があります。[OK] をクリックして閉じた後に、もう一度開いて種類を確認してみます。
4

保存したい表示方法になるように、リボンの [表示] タブからレイアウト、列の移動やサイズ変更、[列] を右クリックして [その他] から列の追加や削除をします。

5

保存したい状態に変更したら [ファイル] をクリックして [フォルダーと検索のオプションの変更] をクリックします。

6

[表示] タブをクリックして [フォルダーに適用] をクリックします。

7

[はい] をクリックします。

8

これで「全般」の列の表示が保存され、「全般」に設定しているすべてのフォルダにも反映されます。

これを残りの種類に対して行うと、すべてのフォルダーの種類で列の表示を固定できます。

個別に変更するには

同じ「全般」でも、フォルダA とフォルダB で違う表示にしたいときがあります。そのときは、そのフォルダーの列の表示を変更するだけです。その後に [フォルダーに適用] をクリックする必要はありません。

フォルダーの種類をまとめて変更する

サブフォルダのフォルダーの種類をまとめて変更できます。

サブフォルダの [親フォルダ] を開いて、[空いている部分] を右クリックして [このフォルダーのカスタマイズ] をクリックします。

10

[フォルダーの種類] を選択し、[このテンプレートをすべてのサブフォルダーに適用する] をチェックして [OK] をクリックします。

11

親フォルダとそのすべてのサブフォルダの種類が変更されます。

「フォルダA」を開いて操作を行った時は、次のフォルダをまとめて変更できます。

「フォルダA1」を開いて操作を行った時は、次のフォルダをまとめて変更できます。

  • 目次
    • フォルダの種類について
    • フォルダーの種類が変更されるのを無効にする
    • 列の表示を保存、固定する
    • フォルダーの種類をまとめて変更する